昔ながらの窯焼き!自宅に配達!インドのパン文化を覗いてみよう|ゴア州

ポルトガル文化が色濃く残るゴアのパン

インドは、植民地化されていた歴史があるので、イギリス・フランス・ポルトガルなど、西洋文化とインド文化が溶け合う姿も魅力のひとつとなっています。

今回訪れたのは、インド西海岸に位置するゴア Goa。
古いパン屋さんの記事を読んで、その窯で焼かれたパンを食べてみたい。パン文化を覗いてみたいと思いました。
長い間ポルトガル領だったゴアは、キリスト教徒が多く、インドでは珍しい豚肉料理(ポークヴィンダルー)が名物。内陸部には少数部族も多く暮らす小さな州です。

インド・ゴア州の地図

ゴアに到着すると、美しい教会、十字架モチーフ、上下セットのドレスを来ている女性たちなど、他のインドでは見たことのない光景に出会いました。

インド・ゴア州クリスチャンの家

宿から出て歩いていると、店先で食事をするご家族が。パンとカレーの組み合わせ!
そして、自転車でパン屋さんが配達していました。期待がもてます。

オールドベーカリーを探しに

記事にはベーカリーの名前が出ていたのみ。住所も連絡先もわかりません。

目安をつけて行ってみることにしました。移動手段は、バイクレンタルが一般的でした。
宿の辺りは道が込み入っていて、オートリキシャもタクシーも走っていないので、バイクなしではかなり不便だと思います。
50ccではなく、ちょっと大きめのスクーター。
1日から気軽に借りられますが、検問も多いので町へ行くときはヘルメットをかぶりましょう。

ゴア、思ったより広かったです。宿からベーカリーの方へはなんと1時間半ほどもかかりました。

人に聞きながら、なんとなくの場所まで到着。「そこにあるベーカリーのことじゃない?」と言われたお店に行ってみると違うお店。

商店の店員さんやお客さん、道を歩いている人たちにも尋ねてみましたが、誰も知りません…。
バイクを商店に駐めさせてもらい、歩いて探すことにしましょう。直射日光がジリジリと照りつけてきます。
「ありそうなんだけどなぁ、どこかなぁ」と、さまよっていると、気になる建物を発見!

インド・ゴア州、探していたパン屋さん

中を覗いてみると、パンを発見!

インド・ゴア州、探していたパン屋さん、奥を覗くとインド・ゴア州、探していたパン屋さん

奥にパンを発見!

薪窯の火は既に落ちていて、「今日の分のパンはもう焼きあがってしまった」とのこと。
一日三回焼くそうです。

インド・ゴア州のベーカリー 火を落とした薪窯 使い方を見せてくれました

「焼くときは、こうするんだよ。」

今日はクッキーなどを購入して、明日朝またお邪魔することに。

翌朝、再訪!パン配達人に遭遇

ゴアの朝は寒かったです。
震えながらバイクを走らせていたら、パン売りに出会いました。この辺りに配達しているのだそう。早朝にできたてパンを自宅や宿に配達。いいですね!
独特な音を鳴らしながら、さながら昔のお豆腐屋さん?

ドーナツのような輪っかのパンはKankon、コンカン地方の言葉でブレスレット。

Poderと呼ばれる昔ながらのパン屋さん。
到着したときには、すでにふわっと気持ちの良さそうな生地がこね上がっていました。

窯にも火が入っています。

インド・ゴア州昔ながらの薪窯、燃え盛る炎

まずは、ひとりで成形開始。

インド・ゴア州ベーカリー パン生地成形開始

もうひとりは、まずはチャイ。

インド・ゴア州ベーカリーまずはチャイ

続いて2人で、リズミカルに、黙々と成形。

インド・ゴア州ベーカリー パン生地の成形

作っている人たちは、日常的な服装に、裸足。パン屋さんというより工場のようにも見えます。笑

同じ生地から、丸パン(ポイ Poee/Poi)、長細パン、ちぎりパン(パオ Pão) 、など成形を変えて続々と作られていきました。
パンの名前は、ムネ、オーダーで作るものも。

発酵は、藁マットや麻袋で包むように。

発酵が終わると、焼きの作業に入ります。
炭火も落ち着いていました。

インド・ゴア州ベーカリー 落ち着いた炭火

焼きの作業も、餅つきを思わせるような、見事な連携プレー!

インド・ゴア州ベーカリー 焼きの作業

焼き時間は15分。
焼き上がったパンは、マットの上に。粉をはたき落とし、選別して籠に放り込まれます。
しっかりとした歯ごたえのあるパンなので、焼き立てだって、ちょっとしたことでは型くずれなんてしないのです。

インド・ゴア州ベーカリー パンの選別

ですが、この固さこそが重要なようです!インドカレー伝 (河出文庫) によると。

十六世紀のヨーロッパ人にとって、小麦粉のパンは宗教的に絶大な意味をもつものだったのだ。このパンだけが、ミサをあげる際に使える唯一のもの

イースト菌が手に入らなかったため、ゴアの料理人は工夫を凝らし、トディー(ヤシの樹液からできたアルコール)を使って生地を発酵させてみごとに成功させた

▼動画もどうぞ▼

ひとりのスタッフが、出来上がったパンを大きなかごにいっぱいに詰めて、自転車で売りに出かけていきました。

1928年、ひいおじいさんの代から続くパン屋さん。
なじみのご近所さんたちが、朝ごはん用のパンを大量に買っていきます。
このようなパン屋さんが、地域ごとにあるそうです。

インド・ゴア州ベーカリー パンを買いに来た人

インド・ゴア州ベーカリー パンをたくさん買う人

とても楽しいベーカリーでの時間でした。

ゴアでパンを食べてみよう

さて、実際のパンです。PanajiにあるVeniteにて。

人気のありそうなお店発見!Sheetal Pure Veg Restaurant。
店内では多くの人がパンを食べていました。Bunsを頼んでみると、おいしい!!中が黄色くて甘くて柔らかくて、ちょっとスパイス。一口一口大切に食べました。

ちぎりパンが目に入った食堂で。

インド・ゴア州ちぎりパンが棚に乗ってました

インド・ゴア州ちぎりパンとカレー

Madgao駅の食堂でも、例の黄色い甘いパン。とってもおいしい!!
下敷きになっているワダもおいしかった。

銀座のバンゲラスキッチンのシェフに伺うと、この黄色いパンと同じものが食べられるとのことでした。試してみたいです!

インド・ゴア州Madgao駅食堂で食べたパン

インド・ゴア州Madgao駅食堂で食べたパンの中身

スーパーマーケットにも、様々なパンが並んでいました。品揃え抜群ですね。
ロシア人が多いのでロシア系ベーカリーアイテムも手に入ったりしておもしろい。

ゴアにはパンがいっぱい!!

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+