魚市場視察。インドのフィッシュマーケットを覗いてみよう|ケララ州

シーフード料理もおいしいインド

インド料理は、魚・貝・イカ・海老・カニなど、シーフードを使ったおいしいごはんもいっぱいです!

日本の一般的なレストランでよく見かけるメニューは、フィッシュティッカ(スパイスに漬けた一口大の魚をタンドーリ窯で串焼きしたもの)くらいなものでしょうか???
最近は南インド料理屋さんも増えて、フィッシュカレーも認知度が高まってきたかな?

インドでも地域によるのですが、AROUND INDIAがアーユルヴェーダやカラリパヤットゥを学んだケララ州のカヌールという町では、ノンベジ(非菜食)食堂の場合、ミールスという定食を頼むと、お肉ではなく魚が当たり前でした。

この町では、ビリヤニ(インド風炊き込みご飯)も、チキン、マトン、ビーフ、フィッシュ、エッグ、ベジ…と、フィッシュが欠かせない存在です。
川魚、海の魚、大きな魚、小さな魚、本当にいろいろ登場します。

フィッシュマーケット(魚市場)を覗いてみよう!

カヌール町中のフィッシュマーケット

カヌール駅近くには町中のフィッシュマーケット( 2018年現在:市場の中の建物に移転)、海の近くに新しいモダンフィッシュマーケット、ビーチには青空フィッシュマーケットがあります。

こちらは町中にあるフィッシュマーケット。
ケララ州カヌールの町中フィッシュマーケット

ムール貝もありました♩生地をつけて揚げて辛くしたスナック(Kallumakkaya Nirachathu)など、町中でも手軽に食べられるので、ぜひためして欲しいです。

「食べてみるか?!」
生でチャレンジする勇気はありません。笑
でも、立派なサイズでおいしそうですね。

ケララ州カヌールの町中フィッシュマーケット、ムール貝を生で食べてみるかとすすめるおじさん

カヌール海近くのモダンフィッシュマーケット

こちらは、名前の通りモダン。新しいです。

ケララ州カヌールのモダンフィッシュマーケットの屋内

塀の上には、ずらりと並んだ鳥たちが、魚のおこぼれを待ち受けています。

屋外では、てきぱきと積み込み作業中。
全体的にすごく清潔!

ケララ州カヌールのモダンフィッシュマーケット、クールなおじさん

一人醸し出す雰囲気が違う、かっこいいおじさんに会いました

カヌール海辺の青空フィッシュマーケット

ケララ州カヌールの海辺の青空フィッシュマーケット、魚を買う人々

日差しが強いので、被り物率高し。
丸みのある麦わら帽子とポップなルンギ(腰布)のコーディネートがかわいいです。

ニーレシュワルの道ばたマーケット

こちらはケララ州北部ニーレシュワルの道ばたで毎日開いていた小さな青空市。
魚や海老を売っていた漁師の奥さんたち。旦那さまが朝とってきたものだそうです。

ニーレシュワルの魚捕り風景。
静寂の中、船体をカンカンカンと叩く音が心地よく響き渡ります。
ケララ州北部ニーレシュワルの魚捕り風景

漁港を覗いてみよう!

この海は、運が良ければクジラの姿も見ることができます。
ケララ州カヌールの漁港に停泊する漁船たち
黙々と網を直すおじさん。その後ろでは・・・。
ケララ州カヌールの漁港で会った漁師さん、網の修繕

「イェーイ!」
どちらも気にも留めていませんでした。網の上で気持ちよさそうにお昼寝する人、ぼーっと海を眺めて佇む人。
何とも言えない、のんびりとした時間が流れていました。

漁村を覗いてみよう!

カヌールの漁村も少し覗いてみましょう。
ケララ州カヌールの漁村のお母さんが洗濯物を取り込んでいるところ
洗濯物を干しているお母さんと、仕事を終えて談笑したりチャイを飲んだりするお父さんたちに出会いました。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【全回 残席わずか】10月27日スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら