「印度料理研究会」に参加してみよう|神奈川・相模原/東京・高井戸

印度料理研究会とは?

印度料理研究会というFacebookグループがあります。趣旨は、

バター・チキン、ナーン、タンドリー・チキンだけがインド料理じゃない!
インド料理を日本人向けにアレンジした料理ではなく、インドの方に納得してもらえるような『現地の味』を追求していきたいと思っています。

印度料理研究会には、「つくる人」と「たべる人」がいます。
「つくる人」は、カレー伝道師渡辺玲さん主宰のサザンスパイスで本格的に学ばれている方々が主体となっていてレベルが高い!!

代表の山吉さんは、以前茅ヶ崎でアーユルヴェーダと南インド料理のワークショップでご一緒させていただいた方です。

印度料理研究会は、毎回テーマが異なるというのも、繰り返し参加したくなるポイントです。

日本人は研究熱心で、日本人の作るインド料理はとってもおいしいと思います。
インドで食べるインド料理も好きですが、日本で食べるインド料理も大好きです。

同じ食材で食べ比べ

友人に誘われて初めての参加は、同じ食材で、インドの地域ごとに異なるメニューを食べ比べてみるというものでした。

北インドのチキンマサラと南インドのチキンペッパーフライ
西インドはゴアのポークビンダルーとケーララ州の​ペッパー・ポーク・マサラ
北インドはパンジャーブのベイガン・バルタとタミルはチェティナードの​チェティナッド・ブリンジャル・マサラ

こんな感じで、同じ素材を使った各地の料理を食べ比べる回にしようと考えています。

こんなことインドではできません。笑
インドはとっても広く、地域やコミュニティによってごはんが変わるほど。
お祭りの時だけのごはんや、宗教によるごはんの違い。

「果てしないからこそ、何度行っても飽きないし、いろいろ食べてみたくなる。
デパ地下みたいなものあったらなと思う反面、無いから出会えたときのうれしさも大きい。。」

この時は、ムンバイ、コルカタ、デリー、ラジャスタンと各地を訪れて、ヒンドゥーのコミュニティに混じってお祭りに参加したり、イスラム教のコミュニティに混じってお祭りに参加した直後だったので、そんなことを痛烈に感じているタイミングでした。

つくる人は、計6名。
それぞれがご担当されたメニューは、以下のとおりでした。

山吉さん、パンジャブチキン、キャベツのポリヤル、レモンライス。
岩崎さん、ポークビンダル、ポークマサラ。
藤田さん、アーンドラダール、アーンドラブリンジャルフライ。
志村さん、キャベツのサブジ。
林さん、パラクダール、ベグネールライタ。
林田さん、ケララチキン。

印度料理研究会 インド各地のごはんミールス

つくる人は、早い時間から作りはじめています。
たべる人は、14時からたべる時間なので、それより前の好きなタイミングから参加できます。
お料理を見せてほしい方は早めに。たべることに集中している方は14時に。

食事が完成すると、各自自分のお皿を盛り付けます。

同じ素材でも顕著に別のお料理!
特に、シンプルなキャベツの北インドのサブジと南インドのポリヤルがスパイスの違いなどわかりやすくて、何度も味比べしてしまいました。結局どちらも好きです。
ベンガルで食べてきたばかりのナスとヨーグルトの組み合わせにも心が踊りました。

盛り付けやお片付けは、全員参加。それもまた交流になって楽しかったです。

残った分はお持ち帰りまでできるので、ジップロックやタッパーなど持っていきましょう。
お片付け用の布巾と、飲み物も忘れずに。

ノンベジ

第22回印度料理研究会のテーマはノンベジ、お肉でした。はじめての試みだったそう。

今回は、その前のインド滞在がアーユルヴェーダ病院でのパンチャカルマ治療がメインでノンベジは少なめだったので、このノンベジインドを満喫したいと思います。

さて、本日のつくる人は、計5名。
それぞれがご担当されたメニューは、以下のとおりでした。

山吉さん、パンジャーブのカライ・チキン、カチュンバル。
岩崎さん、ゴアのポークヴィンダルー。
もろさん、アーンドラ・プラデーシュのチキンピックル、南インドのキャベツのポリヤル。
近さん、カシミールのマトンローガンジョシュ、タミルのナスのウルガ(ウールガイ、ウルガイ、ピックル))、チャパティ。
田中さん、ベンガルのマトンカーサ、タミルのチキン65。

わたしもチャパティ伸ばしをやらせていただいてきました。
最初の1枚は四角くなってしまいましたが、2枚目はちょっとマシだったかな?

印度料理研究会 アジアハンターさんのバナナプレートに盛り付けたところ

インド食器や調理器具のアジアハンターさんの物販があったので、欲しかったバナナの葉プレートを購入して、そこに盛り付けてみました。

おぉ、結構辛い!濃厚!
骨付きマトンや、鶏肉、砂肝にヤゲン、味だけでなく食感も異なっています。
お肉の脂いっぱいのグレービータイプと、ドライタイプ。
ベンガル料理はじゃがいもとの組み合わせが多くておもしろい。
久しぶりのガッツリお肉インド料理を満喫しました。

お料理の詳しい説明は、山吉さんの解説をご覧くださいね。

お申込み

お申込みは、毎月印度料理研究会Facebookグループで受付開始のタイミングや方法について発表があります。

大人気なので、予約開始同時のお申込みがおすすめです。
初参加者枠が設けられているので、はじめての方にも優しいです。


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+