本場ケララで受けるアーユルヴェーダ 入学入院サポートはこちら

本:その食べ物あなたに合ってる?「アーユルヴェーダ食事法 理論とレシピ – 食事で変わる心と体」

アーユルヴェーダ食事法 理論とレシピ──食事で変わる心と体

アーユルヴェーダを学びはじめると、「わたしに合う食べ物・食べ方って、どんなものなのだろう?」という疑問が湧いてくることでしょう。

インドで伝えられてきたアーユルヴェーダ。
その古典のテキストには、日本固有の食材については書かれてはいません。

AROUND INDIAは、固有の医学とアーユルヴェーダを融合させているチベット、タイ、バリ島、スリランカなどにも、日本で取り入れるためのヒントがいっぱいあると感じています。
アーユルヴェーダが日本に根付くかどうかは、今はまだ知りようがありませんが、日本との組み合わせは、これからもどんどん磨かれていくのでしょう✨

さて話は戻って、日本で取り入れるときおすすめなのが「アーユルヴェーダと食事療法 理論とレシピ」。

著者は、アーユルヴェーダの医療分野にお強いサトヴィックアーユルヴェーダスクールの佐藤真紀子先生と、インド・スパイス料理教室キッチンスタジオペイズリーの香取薫先生。

医療と料理という、それぞれの側面から深くアーユルヴェーダに取り組まれているお二人による、理論とレシピの組み合わせです。

サンスクリット語→英語→日本語と翻訳積み重ねると、伝言ゲームのように少しずつズレが生じがちです。
その部分を、サンスクリット語本来の意味を説明することで、言葉の感覚を得られるように工夫されています。

アーユルヴェーダ食事法 理論とレシピ──食事で変わる心と体 タピオカ

家庭で作る人も増えてきた純粋バター「ギー」やお粥「キチュリー」、南インドのおいしい野菜料理、スープなど、消化に優しいレシピが多数掲載されています。
大人気のタピオカも、ドリンクではなく、甘くないお料理として登場。

理論を学びつつ、お腹が空いたら作ってみて、気づいたらきっと元気になれる本。
ぜひ、ためしてみてくださいね。