インドのアーユルヴェーダマッサージ用「ふんどし」の着け方

インドのマッサージで身につけるもの

インドで、アーユルヴェーダマッサージや、ケララの伝統武術カラリパヤットゥのマッサージを受けるときに身につけるもの。

最近では使い捨ての不織布パンツも増えてきましたが、インドで伝統的なふんどし型のことも多いのです。

普通の ふんどし

日本の六尺ふんどしのように長いタイプは、ケララではランゴーティと呼び、男性が腰布の下に身に着けていることも。ケララの伝統武術カラリパヤットゥの師匠も、マッサージも武術もランゴーティを下に身に着けています。しっかり締めているので、上の腰布もずれにくいです。

マッサージ用の ふんどし

マッサージなどのトリートメント時に着用するふんどしは、コーナムと呼び短いです。
マッサージ用ふんどしには、昔ながらの布製と、新進気鋭の紙製があります。

PVAアーユルヴェーダ病院の使い捨てふんどし

写真はPVAアーユルヴェーダ病院の紙製ふんどし。昔は布でした。

余談ですが、カラリパヤットゥの診療所では、師匠自らが空き時間に患者さん用のふんどしを縫っていらっしゃいました。なんでもやってしまうすごい方です。
14日間の連続マッサージでは、初日にふんどしを渡して、患者さんが自分で洗います。

カラリパヤットゥ師匠とふんどし

カラリマッサージ用のふんどしを作るグルカル

マッサージ用 ふんどし 「コーナム」着用法

それでは、現地でマッサージを受ける時のために、ふんどしの付け方を覚えておきましょう。

コーナム、アーユルヴェーダマッサージ用ふんどしの着用法

  1. ふんどしを広げます。
  2. 布が前に来るように垂らし、ウエストの紐を後ろで縛ります。
    緩んだ時、ずらしたい時、結び直せるように、ちょうちょ結びや片結びで。
  3. 前の布を股下から後ろへ通し、腰紐にかけます。
  4. 余り布を紐と布にからめて、完成です!
    全部絡めなくて大丈夫。

AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+