チベット医学2:メンツィカンクリニックで診察・トリートメントを受ける|ヒマーチャルプラデーシュ州ダラムサラ

メンツィカンクリニックで、チベット医学のトリートメントを受ける

チベット医学1:インドで学ぶことにしたきっかけ・おすすめ本の続きです。

チベット医学を学びたいとは思いましたが、まだ診察・治療・お薬も体験したことがありません。AROUND INDIAは「ためして楽しい」をモットーにしていて、体験がないと良さがよくわかりません。

メンツィカンのホームページを探ってみると、トリートメントが受けられる施設Wellness Center(ウェルネスセンター/クリニック)が、数年前にオープンしたとのこと。

授業が始まる前に、できるだけの日数トリートメントに費やすことにしました。

マッサージの予約方法

わたしは、メンツィカンの授業のコースを申し込むときに、ウェルネスセンターの連絡先を伺って予約をしてしまったのですが、メールでの事前予約はほとんど受け付けていないようで、ちょっと混乱が生じました。

おすすめの予約方法は、前日あたりに直接クリニックに出向きます。
常駐のチベット医の診察を受けて、処方を決めていただきます。
空きがあれば、その日からでも開始できます。空きがない場合は、予約をしてお支払いをして終了です。ダライ・ラマのティーチング中で、ダラムサラは人がいっぱいの状態でしたが、飛び込みでやってきたスペイン人女性も受けられていました。

チベット医による診察

メンツィカンのクリニックは、ダラムサラのマクロードガンジから、ダラムコットへ向かう途中の右側にあります。

チベット医学メンツィカン マクロードガンジのクリニック

メンツィカンクリニックの建物

チベット医学メンツィカン ウェルネスセンターの看板

クリニックは、2階にあります。
入って右にレセプション、左奥がドクターのお部屋です。

美しい女性チベット医 Dr Migmarの診察。最初にトリートメントの目的を尋ねられました。
治療・何かしらの痛みなどがある場合は、ここでお話ししましょう。
わたしは健康増進でお願いしました。

チベット医学メンツィカンクリニックのDr Migmar

脈診では、アーユルヴェーダでは、女性は左手を用いることが多いですが、チベット医学では両手でした。最初が右手、続いて左手。
軽いタッチではなく、奥深くまで、探るような力強い触れ方でした。
そして舌診。

ドクター曰く、「基本的に問題はないけれど、腰・肩・首にコリがある」「腰が冷えている」とのこと。
コリの原因には、ピンときました。前日デリーからの飛行機で、ぐっすり眠って首を痛めたこと。ホテルの手違いで、写真を掲載するのがはばかられるほど、湿気とカビがすごいお部屋で、背中がバキバキにこったこと。

脈には何でも出てしまうんですね。

お薬の処方はありませんでした。
7日間のトリートメントをお願いしたいと思っていたのですが、土日はクリニックはお休みとのことで、4日間のコースになりました。
オイルマッサージと薬草風呂のセット。6600ルピー。

チベット医学メンツィカン ウェルネスセンターのメニュー

チベット医学のトリートメントは、基本的に1回ではなく、3回〜の連続で受けるのがおすすめとのこと。
アーユルヴェーダだと、3、5、7などの単位が多いですが、こちらでは、4回、6回などもOK。

チベット医学のトリートメント

オイルマッサージ:Ku-Nye

小川 康の 『ヒマラヤの宝探し 〜チベットの高山植物と薬草たち〜』 | 風の旅行社 によると、なんとケララでマッサージを学んだ先生と書かれていました!オープンから年を重ね、現在はメンツィカンで半年間、チベット医学の基礎とトリートメントを学んだセラピストが担当しています。女性は女性、男性は男性による施術です。

マッサージのときは、下半身は下着のままです。オイルがつくので注意くださいね。

最初は、タオルが敷かれた清潔なマッサージベッドに仰向けの状態からです。
マントラを唱えながら、熱いオイルを含んだ小さなコットンボールで強めにツボを刺激しながら、マッサージへと入っていきます。ホットタオルで足を拭かれながらの、頭のマッサージが終わると、体のマッサージに移ります。

チベット医学の小さな団子、お薬入り

下半身、上半身、中心部。2人のセラピストが流れるようにマッサージをしていきます。ときには流れているマントラを口ずさみながら。

うつ伏せ時も、頭のマッサージにはじまり、全身へと流れます。
マッサージが終わると、乾いたタオルで背面はセラピスト、前面は自分で拭き上げます。

マッサージに利用するのは、わたしたちも購入することのできるオイルやローション。
体質によって、使用するものが異なります。
神経の不調に良いクリームなども使います。処方箋がなくても、ショップで購入できます。

チベット医学メンツィカン製マッサージオイル

薬草風呂:Dhutse-Ngalum

薬草風呂は、受けた人たちから大人気のトリートメント。
寒い時期に訪れた人たちは「お風呂のおかげで温まることができた」と口々に言っていました。

マッサージ終了後、ガウンを羽織って別の部屋に移動します。
そこで下着を外して、浴槽に浸かります。撮影禁止なので、ショップで購入できる薬草バッグのイメージをどうぞ。
(注意:薬草は袋に入っていて、浮かんではいません。入浴中は蓋をします)

チベット医学メンツィカンの薬草風呂イメージ

茶色い液体で、安らぐよい香りです。
浴槽に浸かるとき、身長が足りずに滑ってしまうので、薬草バッグを、背中や首元に置いてサポートに使うと楽だったので、入っていない日はお願いして入れてもらいました。

セラピストは、蓋をすると部屋から退出。外から鍵がかけられます。

浴槽の脇に、メンツィカン製の温かいハーブティーと乾いたタオルが置かれているので、自分で水分補給をしながらのんびり過ごします。
大きく開かれた窓の外には天空を舞うコンドル?の姿。壮大な気分です。

わたしは熱いお風呂に長く入るのが苦手なので、10分ほどで汗が吹き出てしまいます。
「具合が悪くなったら外に出るように」と言われていますが、適宜ふたをずらしたり、手足を外に出したりして、温度調整しながら4-50分ほど過ごします。

時おり、セラピストがお茶の補給が体調を伺いに来てくれます。

薬草風呂の温め効果は抜群で、大雨の中クリニックに来たときも、冷え切っていた体が、帰りは半袖帰るほどでした。

薬草風呂とオイルマッサージの組み合わせを処方されている人が多かったです。
他にも、アーユルヴェーダの キリ のようなボールを使ったマッサージ、鍼治療などもあります。

チベット医学の大きな団子キリ、お薬入り

トリートメント中にかかっているマントラCDは、Ani Choying DrolmaのInner Peaceです。

店舗詳細

名 称 Men Tsee Khang Therapy Center
電 話 0091-1892-221484
時 間 9:00 – 17:00 (13:00-14:00 昼休憩)
定休日 土日祝
住所・地図 Mcleod Ganj, Dharamsala-176219 Distt.Kangra(H.P.)INDIA
Google map上では、左にありますが、本当は道の右にあります。

関連記事

チベット医学1:学びにいくきっかけ・おすすめ本
チベット医学2:メンツィカンクリニックで診察・トリートメントを受ける


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【全回 残席わずか】10月27日スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら