2月25日放送「情熱大陸」更科有哉/本場インド聖地で鍛錬!奥義に挑む日本人インストラクター

番組情報

起源は紀元前に遡るというアシュタンガヨガ…総本山の道場で正式指導者として認められた更科有哉は、今回最も難易度が高いポーズの修行を日本人として初めて許される。だが、失敗の連続…グルジ(師匠)からはどんな教えを伝授されるのか。日本ではバックパックを車に積んで北から南まで旅を続けながら各地のヨガスタジオで指導。車中泊をしながら日銭を稼ぎ、次の街へ。風の吹くまま気の向くまま…ヨガが導く不思議な旅を追った。

ヨガ指導者/更科有哉

1977年北海道生まれ。20歳で俳優を志し上京。その後独学でヨガを学びはじめ、2008年から定期的にインド南部にあるアシュタンガヨガ総本山の道場に通う。2010年正式指導者資格であるAuthorizationを、2011年Authorization Level2を与えられる。2009年から毎年車での日本縦断Yogaの旅で魅力を発信するアシュタンガヨガの日本第一人者。40歳

TBS 2018年2月25日(日) 23時25分~23時55分

情熱大陸でヨガ!

最近片岡鶴太郎さんもヨガの資格(インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定インストラクター)を取られ、本場のヨガがますます注目されていますね。
今回の情熱大陸では、更科有哉さん(さらしな ゆうや)という元俳優のヨガ先生が主役です!

これからインドに向かわれる方にとっても、現地ヨガクラスの風景などをご覧になれる良い機会ではないでしょうか?

更科先生の日本でのヨガクラスは、Facebookでチェックしましょう。まずは、本からという手も。

PVAアーユルヴェーダ病院のスディープ先生のヨガクラスは、初めての方でもお気軽にご参加いただけます♩

ケララ・PVAアーユルヴェーダ病院のベーシックヨガクラス

ケララ・PVAアーユルヴェーダ病院、朝のベーシックヨガクラス風景

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+