2018年1月29日放送「世界ナゼそこに日本人」南インド“日本のアノ魂の味”広める41歳ワケあり男性

番組情報

愛する娘のため、南インドの辺境の地で日本のアノ“魂の味”を広め続ける41歳の男性。
最初は『悪魔の食べ物』と忌み嫌われたが最近では大人気に!
日本では普通のサラリーマンだったという彼が、作った経験のないアレを現地で認めてもらえるようになるまでは相当な苦労があったという。
がむしゃらに頑張り続けたのもすべては愛する家族のためだったが…苦しさから這い上がったまさにその時!男性に訪れた信じられない悲劇とは?

情報源:yahoo!TV

テレビ東京1  2018年1月29日(月) 21時00分~21時54分放送

インドで実食

「悪魔の食べ物?!」と呼ばれたその食べ物。2ヶ月ほど前たまたまインドでいただきました。

お味見する機会に恵まれたのは、PVAアーユルヴェーダ病院。
生徒さんのお一人が、マンガロールでその方にお会いして買ってきたばっかりのタイミングだったのです。

マンガロールとは・・・PVAアーユルヴェーダ病院があるケララ州カヌールから電車で2時間ほどの、魚介料理がおいしい小さな町です。

環境や教育 福祉等のデータからはじき出した「生活の質」指数を表す、クオリティオブライフで、アジア第2位に輝いている町とのこと!東京は12位。

クオリティオブライフ

悪魔の食べ物、それはお味噌でした!!

味見したのは、東京米味噌、豆板醤味噌、鰹だし入り東京米味噌、甜麺醤風 甘味噌、焦がし胡麻にんにく味噌、青唐辛子味噌。
右端はマヨネーズです。
南インド・マンガロール産の味噌

インドで日本で売っているのと変わらない本格的なお味噌!
インドでインド人と作る大変さ、食べ物に保守的な人なかで広めることの大変さ、本当にすごいです。

インド在住日本人の方々にとっても、気軽に手に入ると助かりますね。

南インド・マンガロール産の味噌
日本食レストランなどでも使われているそう。
番組に出てきたKobe Sizzlerでは、お味噌汁がいただけるようでした。

インドの味噌の使い方

インド人の結婚三年目のカップルの食べ方、ひとつはやっぱりカレー♩

アサリと肉団子の味噌カレーと、豚肉の味噌煮込み。
アサリを使っているところが、魚介料理が有名なマンガロールらしさを、インドではあまり食べない豚肉を使った一品なのが、インドでほとんど食べられていない豚肉料理が有名なゴアと近いのが感じられました。

インドでカレーに飽きたら中華という流れが一般的でしたが、日本食も増えてくるかも?!

お問合せ先

商品のお問合せは、JAPCUL styleへ。http://www.japculstyle.in/

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年6月30日〜『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第3期』土曜コース|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+