パンチャカルマ日記 2017 vol.14:シロダーラ最終日、ナスヤ5日目、エラキリ3日目、痛み

ヨガ・痛み・エラキリ


PVAアーユルヴェーダ病院の薬草ガーデン

5:45 起床。お腹は下し気味。

7:45 ヨガ

ヨガのスディープ先生

ヨガのスディープ先生。人気です!

9:30 朝食
白ドーサとチェルパヤールとチャイ。
ヨガを受けていると、チャイの時間が朝食と一緒になります。

最初のころに出てきたチェルパヤールより、好みの味です♡
シェフが変わると、同じメニューでも味がぜんぜん違います。
昨夜もドーサですが、今日は色違い。

10:00 トリートメント① エラキリ
座位で、頭、耳、手、足の裏にオイルを軽く塗ります。
そのまま全身にオイルをたっぷり塗布してマッサージ。
続いてエラキリ。体位は5種類。

エラキリは、摘みたてほやほやの新鮮な薬草の緑と、凝縮したエキスが詰まったオイルの緑。
この二つが、熱と動きで体内に染み込んでいくのです。

こんな贅沢なジュースが体にすり込まれて、何も変わらないはずがない
良いに決まってます。
ポンポンと強い圧や摩擦で、筋肉が育ち、皮膚も丈夫になっていきます。
ヨガで心地よく疲れた筋肉が、くっきりと浮かび上がるのです。

電化製品が生活を変える

11:00 洗濯

新しく買った固形石鹸サンライト Sunlight。
地元民に教わった、アーユルヴェーダオイルの付いた衣服をきれいに洗濯するコツは、二度洗い

今日はそれに習って、わたしもしっかりと石鹸を泡立てて、オイルの付いた服を二度洗い。

洗濯は重労働です。
わたしなんて、自分のものしか洗ってないのにです。
お母さんたちは、いっぱいいる家族の分すべてを洗って、干して、乾かして、アイロンをかけて、他にも食事の用意、お片付け、掃除などなど、一日の労働がたくさんこなしています。

あぁ、普段いかに電化製品で楽させてもらってることでしょうか。

電化製品が時間をぐっと短縮しているにも関わらず、時間がない、忙しいという、日本の暮らし。
時間の使い方が違うなと思います。インドでは、自然と見つめ直す機会が増えます。

薬が増えると

11:20 回診。
ドクター数名と、診察の授業を受けているインド人のハビーブがやってきました。
お腹を下したことを伝えると、舐め薬 レイヒヤ が処方に追加されました。
薬が嫌だなぁと思うと、投薬が増える…。

このレイヒヤは、食前30分前に自分で飲みます。スプーン2杯分。
後味は苦くてまずいけれど、水は飲んではいけません😭

病気を治すためではなく、基本的に元気を増やすために受けているわたしのパンチャカルマ。
でもお薬をたくさん飲んでいるうちに、どんどん病人のような気分が高まってくるのが不思議です。

12:30
クローブごはん、サンバル、キャベツのウッペーリ、スイカ
9割方完食。
人と食べるほうが楽しいなぁ。

PVA ayurvedic hospitalのお昼ごはん

クローブごはん、サンバル、キャベツのウッペーリ、スイカ

専用道具がなくてもなんとかなる、ジュガード

ごはんのお皿を返しにキッチンへ行くと(本当は部屋の外に置いておけばOK)、今夜の断食明けのスナック、アダパッティリを作っていました。

生地をこねて、豆、砂糖、ココナッツを入れて、餃子のように包みます。
インドは豆を本当によく食べます。
生地を延ばすのに使っていたのは、パイプ!
専用道具は、無くてもなんとかなる

インドには、ジュガードJugaad という無いものを他のもので補う精神があります。

断食明けの食事アダパッティリ

断食中のスタッフ以外は、チョール、ウッペーリ、チェルパヤール、卵を焼いたりしてごはんを食べてました。
食べている人たちのなかで、食べ物を作りながらの断食という日常。すごいです。

鼻の奥のチリチリ感が強め

16:00 トリートメント② ダーラとナスヤ
ダーラ中、また少し下腹部痛。
ナスヤは、病院の事務スタッフが見学に来ました。
アーユルヴェーダ施設で働いている人は全員アーユルヴェーダが詳しいように思えてしまいますが、実際はそんなことありません。インド人みんながヨガをしているわけでは全然ないのと同じようなもの。

でも、誰がわかっていて、誰がわからないのか、こちらからは判別できません。
だから、AROUND INDIAの考えでは、ドクターやセラピスト以外も、アーユルヴェーダがどんなものなのかを少しでもわかっていた方が、生徒や患者とのコミュニケーションに活かされると思い、興味がある人には施術を見学を促しています。

今日のナスヤは、両目から涙がぽろぽろ出てきました。
右鼻の奥の方に、強めのチリチリした痛み。
ドゥーマパナ でスッキリしたものの、その後もずっとチリチリは続いています。

少しベッドでのんびり休みましょう。

18:00 薬
まだ鼻の奥が痛みます。痛みはあるものの、ナスヤ後の痰のような排泄は少なめ。
下腹部痛もまだあります。早くなくなりますように。

痛みと疲れ

19:00 チャイ。
20:00 回診。
今日は血圧が低め。
痛みがあるので疲れたようです。

痛みがない時は忘れていること。痛みがある時だけにできる学び。

痛みがあるとどんなことが億劫で、何をすると楽になるのか。痛みのルーツ以外の場所に届く、違う種類の痛み。
心と体は連動しているから、体の痛みが心に及ぼす影響も覚えておきましょう。

PVA ayurvedic hospitalの夜ごはん

21:51 顔と足を洗って、寝る準備。ふぅ、今日は疲れました。
明日明後日はヨガがお休みだから、少しゆっくり眠ろうかな?

いえいえ、お薬の時間はいつも通りなので無理でした。
目覚ましをセットして、では、おやすみなさい。

パンチャカルマ2017 すべての記事 ≫≫≫
パンチャカルマ2008 すべての記事 ≫≫≫


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月14日(日) 古民家Yoga&ビーチクリーン 美味しいカレーとアーユルヴェーダの会|神奈川・ 鎌倉腰越詳しくはこちら>>