遠いとおいインド。上海、バンコク経由でチェンナイ

アジアを巡って、たどり着いたインド

日本で自宅を出発したのは、早朝5:30。

上海の乗り継ぎは「一度中国に入国して空港間を移動する」と読んだことがありました。。
空港間を移動するとなると、荷物の受取り、時間がかかる、現地通貨への両替が必要など、面倒くさいのでできることなら避けたい方法。でも今回は空港間移動なしとのことで安心しました。

成田9:40発のANA便で、予定時刻を30分ほど過ぎた12:40に上海浦東空港に到着。乗り継ぎのわたしも入国審査へ行くように指示されました。
誘導されるがままに、左端の24~144 TRANSITという外国人レーンに並びましたが、外国人がみんなに対し2カウンターしかないので、なかなか進みませんでした。
やっと順番が近づいたと思ったら、係員がやってきました。
「日本人は中央にある特別レーンへ!!」
ガーン。日本人みんな揃って並び直しになりました。

上海空港

荷物も一旦受け取りました。次に乗るバンコク便のチェックイン開始時刻まであと3時間あります。

荷物を受取り、預け入れられない、わたしと同じような外国人が、大きな荷物を抱えてベンチを埋め尽くしていました。
そんな中、幸せそうなインド人のおじさんが、向かいの席でスナックをむしゃむしゃ食べてました。さすが!待つことに慣れています 😉

上海空港のwifi事情

インフォメーションカウンターで確認したところwifiは、チェックインしてセキュリティゲートをくぐった先にしかないとのことでした。
スターバックスコーヒーでも使用できず、他の外国人もwifiを探していました。

中に入ると、搭乗口の近くにFREE INTERNETを発見。パソコンがいくつも置いてあったのですが、どうにも空港のホームページにしかアクセスできませんでした。

続いてFree Wifiスポットを発見。利用するには携帯電話番号が必要とのこと。
でも実際は自動販売機でwifiチケットというものを購入できるようです。

上海空港のFREE wifiの説明

一瞬のバンコク

上海17:20発、バンコク21:15着。
バンコクは、乗り継ぎの時間が短かったので空港内をバタバタ移動しました。
急ぎながらも途中で見つけたグアバジュースを買いました。
南国はフレッシュフルーツジュースが手軽なので、つい飲みたくなります。

バンコク空港のグアバジュース

バンコク発22:25 チェンナイ行きのタイ航空。
機内食がついにカレーになりました!
インドが近づいて来てるのを感じてうれしいです。

野菜カレーはカルダモンがきいたラジマ(金時豆)、りんごとコーンのサラダ、チャパティ、コーヒーゼリー。パンは食後のホットドリンク用カップに入ってました。笑
バンコク-チェンナイ便の機内食インド料理


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+