アーユルヴェーダって何に効くの?

アーユルヴェーダに対する最初のイメージは「なにか体に良さそうなもの」という感じでした。
独学でヨガをしていたとき、古い本に「アーユルヴェーダ」という文字を見つけたのです。

気になりました。そしてヨガのなかでも浄化療法というものに惹かれました。
ヨガはポーズをするものだと思っていたので、体の中に悪いものがあって、出す必要があるとか考えてもみませんでした。

アーユルヴェーダを学びはじめ、ケララのお医者さんの処方を受け、薬を飲んで元気になり、その先生に教わりにインドへ行き、病院でパンチャカルマを受けて、もっと元気になりました。

それが2008年のこと。

今年2020年のお盆に、人間ドックを受けました。

郵送されたきた結果には、2007年・2008年・2020年の記録が並んでいました。
昔受けた時の記録が残っていたのですね。アーユルヴェーダと出会う前の記録です。

比較してみると、体重は100g減り、身長は1cm伸びていました。
総合結果として、2007年「C 貧血」、2008年「C 貧血」、そして2020年には「A 異常所見なし」と書いてありました。

人間ドックの結果

高校時代「重度の貧血」と診断を受け、20代も献血を断られるほどだったのですが放置。
よく立ちくらみしてました。
それでも当時は生理が重く、治らないと診断を受けていたので、貧血なのはしかたない程度の気持ちでした。

それが特に貧血の治療を受けたわけでもないのに、知らぬ間に良くなっていました。

コロナで体温を測るようになり低体温が改善していたことに気づき、小さい頃から汗をかけず熱がこもってしまう体質で、水のスポーツ以外では熱中症のような状態になりやすく倒れることもありましたが、オイルマッサージなどで汗もかけるようになりました。そうしたら、苦手だったクーラーも快適なものになったのです。

面倒くさいことは苦手なので、全然ストイックな生活はしてないし、お肉もジャンクフードもおいしくいただきます。
それでも、いまのところとっても元気。

アーユルヴェーダは「整う」とか「本来もっているチカラに手を貸してくれる」ようなイメージ。
ひとりひとり整っていないところは違うので、変化のしかたもスピードももちろん違います。
でも何かをすれば、絶対になにかしら変わる。
以前オノヨーコさんがこのようなことを仰っていました「イギリスで海に小さな石を投げ入れたら、その波は日本まで届く」

生理、冷え性、不妊、睡眠など、実は長期間困っているというようなもの、方法が見つからず困っているような不調は、案外暮らしを整えるだけでも緩和する可能性を秘めています。
どこに効くかは、あなたしだい。

ストレスが強いなどの場合は、自分でなんとかするよりも、まずセラピストさんの手を借りるとリラックスできて、心の栄養にもなるでしょう。
事故やショックのあとで調子が悪いなら、マルマという急所に問題があるかもしれません。
お気に入りのサロンを見つけて相談してみては?

日本でアーユルヴェーダ医師の診療を受けたいときは、多分唯一?のハタイクリニックに行ってみましょう。

アーユルヴェーダの基本的な考えは、こちらからどうぞ。
アーユルヴェーダの基本①:インドの伝統医学アーユルヴェーダとは?

紙ベースは、こちらをどうぞ。
むずかしくない本「暮らしのアーユルヴェーダ」