むずかしくない本「暮らしのアーユルヴェーダ」3名様にプレゼント 応募はこちら

日本古来の洗髪法、松田椿油店の「椿油シャンプー」をやってみよう!

松田椿油店の伊豆産オイルと椿油の絞りカス

椿油の副産物でシャンプー!

椿油は、日本古来のヘアケアオイルとして有名ですが、実は椿油の副産物がシャンプーになるそうなのです。

松田椿油店の国産純椿油


伊豆・伊東にある松田椿油店さんで、その昔ながらのシャンプー法を教わりました。

松田椿油店、年代物の漉し器

上の写真は、店内にある年代物の漉し器。
中を覗くと、布越しにポトリ…ポトリ…と時間をかけて、椿油が垂れ落ちていました。
ずっと見ていられます。

この丁寧に絞られる椿油の、その絞りカスからシャンプー液を作り、洗髪に使います。

椿油を濾しているところ、伊東・松田椿油店

いわゆる、現代の液体シャンプーが登場する前の日本で行われていた洗髪方法のひとつだそう。

「作るのに、ちょっと時間かかるからね。」

シャンプーの手軽さに置きかわっていったそうですが、作るのに必要な時間はたった5分

その5分、長いと感じますか?
それとも、短いと感じますか?

松田椿油店の伊豆産オイルと椿油の絞りカス

洗浄の仕組みは、椿油カスに含まれている天然の石鹸成分サポニンによるもの。
アーユルヴェーダシャンプーによく含まれるリタやシカカイも同様です。
リタやシカカイが強力に泡立つのに対して、椿油カスは泡立ちません。ほんの少し泡立ちそうな気配はありますが。

アーユルヴェーダハーブシャンプーの原料は、AROUND INDIAオンラインストアでチェックしてみてくださいね。

天然椿油シャンプーしてみよう!

準備するもの

  • 椿油カス 約50g
  • 木綿の袋
  • 洗面器
  • お湯
STEP.1
量って袋に入れる
椿油カス約50g(洗濯洗剤スプーン2杯程度)を木綿の袋に入れます
国産純椿油と、椿油カスを木綿袋に入れたところ
STEP.2
お湯で柔らかくする
洗面器にお湯をはり、粉の入った袋を入れ、2〜3分ほど浸す(お風呂のお湯でOK)
髪洗い粉(椿油カス)を湯の中で揉みます
STEP.3
シャンプー液を作る
粉の入った袋を揉む
しばらく揉んで、エキスが抽出できたらシャンプー液の完成椿油カスから作った天然シャンプー
STEP.4
洗髪する
頭皮や髪を洗う
STEP.5
すすぐ
お湯で軽くすすぐ

シャバシャバとした液体は、頭皮全体に行き渡りやすく、仕上がりすっきり!!
頭部がすーっと軽く感じられるので、冷やす作用がありそうです。
夏や頭に熱がこもっているときはそのままで大丈夫だと思いますが、寒い季節は風邪をひかないように、少量の椿油を塗ってよく乾かした方が良さそうです。
乾かした後は、髪がサラサラになりました。

手指にもやさしい。
でも、たっぷりと塗ったオイルマッサージ後だと、ベタツキ感が残るかもしれません。
また今度試してみますね。
→3月27日、試してみました!やはりオイルっぽさが残りました。ただし、乾いた髪に洗髪した後は、5日ほど経ってもサラサラ。使用頻度は少なくて良さそうです。

シャンプー後は肥料にしましょう!

シャンプー後の椿油カスは、そのまま肥料できます。
AROUND INDIAは、冬越し後のカレーリーフにあげました。

先日、アーンドラプラデーシュの伝統医の元で習ったヘアトリートメントも、使ったトリートメント剤を植物にあげるととても良いと教わりました。
頭皮は大地と同じ。適度に耕したり、空気を与えたり、日を浴びたり、肥料を与えると元気な作物が育つのですね。

店舗詳細

名 称松田椿油店
営業時間10:00~18:00
注文方法電話 0557-37-3812、または、FAX 0557-36-4744

椿油 40cc 700円、髪洗い粉 一袋200円

気候の影響で、現在、大きな容器での販売は一時中止しているそうです

定休日水曜日
住所・地図静岡県伊東市猪戸1-1-18
「伊東駅」より徒歩約3分