想像をかきたてるメニューがいっぱい!カフェ「The Pantry ザ・パントリー」|ムンバイ・フォート地区

The Pantryへの道

ムンバイ南部フォート地区にある人気のカフェThe Pantry ザ・パントリー

このすてきなお店は、日本から想像すると「え?ここ?!」と感じる場所にあります。
近くには証券取引所があり、忙しいビジネスマンが行き交う、日本では大都会の中心。商業地。
そうかと思えば、庶民的なチャイ屋台、路上には物売り、ゴミも落ちているし、野良犬もそこらにいます。
その所々に、デザイナーのアトリエ、ポップなお店、最先端のレストランがあるのです。
インドの普通と最新がミックスしたおもしろい場所です。

ムンバイのカフェ、The pantry外観

おしゃれインド人が集うカフェ

The Pantryは、1年ぶり二度目の来訪です。
前回は朝ごはんで、店内はのんびりモード。
今回は15時ごろ。14時ごろがランチで混み合うインドで、ちょうどのんびりお食事を終えたお客さまたちで入り口付近はごった返し、店内もほぼ満席でした。

客層は、駐在と思われる西洋人、MACで作業するおしゃれインドガール、モデルのようなインドカップル、お金持ちそうなおばあちゃん、一人でふらりと訪れたカジュアル観光客などさまざま。

ムンバイのカフェThe Pantryの店内

AROUND INDIAは、ラジャスタン州からの17時間バスの旅の後で、ごはんを食べるのは1日ぶり!
もう、お腹ペコペコっ!

注文したもの

スタッフに相談して、メインからTurmeric Hummus Bows(ターメリックフムスボウル)。
ホットドリンクからMoringa Almond Latte(モリンガ・アーモンドラテ)を注文しました。

アーユルヴェーダお薬であるターメリック味のフムス?
ドラムスティックのモリンガでラテ?
はてさて、どんなものでしょう?!
他にも想像がつかないメニューがいっぱいで、前回も迷いに迷ったのでした。メニューを見る≫
ターメリックフムスボウル

ボウルには、フレッシュ人参のヌードル、大根サラダ、ラスク。そしてイチゴとザクロ!ザクロはムンバイでおいしかったポハにも乗っていたように、インド料理では出てくることがあるのですが、インドの苺は初体験。甘い!おいしい。

ターメリックフムスは、そうか、なるほど!カレー風味でした。笑
ひよこ豆ペーストのフムスは、中東料理のベジタリアン料理で、インドでもよく食べる豆からできているもののため、インドでも外国人が多いエリアでよく見かけるメニューです。

手づくりっぽいラスクのざくざく食感、とっても好みでした♡

モリンガアーモンドラテ

モリンガ・アーモンドラテは、コーヒーではなくモリンガパウダーをベースにしたノンカフェインのヴィーガンラテ。
抹茶みたいなイメージかな。おいしい?よくわかりません。ちょっと粉っぽいです。

そうそう、The Pantryでは、お砂糖ではなくかわいい蜂蜜チューブが添えられるのでした。
アーユルヴェーダ的には温かいものに蜂蜜を入れるのは避けたいので、半分くらい飲んで冷めた頃に入れました。

長時間ごはんを食べてなく、何かヘルシーなものを食べたいと思ったので、野菜をよく噛んでゆっくり食べられて良かったです。

デザートにもそそられましたが、ぐっと我慢我慢。
また来る日まで。

店舗詳細

名 称  ザ・パントリー (The Pantry)Zomato
電 話 022 22700082
022 22678901
時 間 8:30 AM – 11:30 PM
定休日  不明
住所・地図 Yeshwant Chambers, Military Square Lane, Near Trishna, Kala Ghoda, Fort, Mumbai

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+