本場ケララで受けるアーユルヴェーダ 入学入院サポートはこちら

西インド・マハラシュトラ州の家庭料理がいただけます「レカ 本店」|東京・葛西

レカとは?

日本のインド人街と呼ばれる江戸川区の葛西エリアにある、インド料理レストラン レカ Rekaに行ってきました!
テレビや雑誌に取り上げられることも多いお店で、最近では、ご子息“よぎさん”が、日本初のインド人政治家として、江戸川区議に選出されたことでも話題になりました。

葛西レカ本店 外観

▼最新版クウネルの「みんな大好き、カレーの虜です。」にも登場▼

レカは、葛西に本店、西葛西に支店があります。地図の左が支店。右の赤が本店です。


今回お邪魔した本店で提供しているのは、日本では珍しいマハラシュトラ州プーネのお母さんが作る家庭料理。
支店で提供しているのは、南北インド・ネパール・アジア料理を提供したり、インド人学校のお弁当を作っているのだそうです。

食材にも、ヘアケアも活用しインドガーデニング

インドガーデニングを案内してくださるレカママレカママ手作りのヘアオイルお店は、住宅街の一角にあり、植物に囲まれていました。
料理を作り、接客もこなす、レカママに案内していただきました。

「この間食べちゃったから、フェンネルはなくなっちゃったのよ。次は、ここにメティを植えるの」
と話すレカママは、65歳で見事なロングヘアを保たれています。
ヘアケアには、このガーデンのアロエとハイビスカスを使った自家製オイルを使っているのだそう!

思わず日本だということを忘れ、本当にインドのご家庭を訪問しているような気分になりました。

メニュー

メニューは、セットから単品まで豊富です。

はじめての方にとオススメされたのが、スペシャルセット。チャパティとビリヤニに、カレー2種類か4種類を選びます。サラダと手作りスイーツも付いてます。

カレーは、曜日ごとに毎日4種類用意されています。

レカの日替わりカレー4種

木曜日は、Daal gobhi(キャベツとひよこ豆の炒め)、Mixed beans(発芽した8種類の豆で作ったヘルシーなカレー)、Chicken methi(ほろ苦いメティの入った少し苦味のチキンカレー)、Fish rohani(少し酸味のある魚カレー)というラインナップ。

注文したもの

AROUND INDIAでもちょうど育てていたメティと、珍しいスプラウトのカレーの2種類にしました。
スプラウトは、マハラシュトラでよく売られているのを見ました。写真は、路上のマーケットで見つけた緑豆スプラウトです。

ムンバイの路上マーケットのスプラウト屋さん

葛西レカのスペシャルセット

マトンビリヤニは、パラパラのドライ系。スパイスがきいていました。
チャパティも、ちょうどいい柔らかさと味。
カレーは、さらりとした軽いタイプで、どちらも家庭ならではの辛すぎず重くない味。
大好きで、お持ち帰りしたくなるほどでした。他の日のカレーも楽しみです。

土日限定で、サトヴィックアーハールというアーユルヴェーダプレートもあるのだそう。玉ねぎ・にんにくを使わないベジ仕様。

チャイは別オーダー。
カルダモン、黒胡椒、シナモン、そしてムンバイで気に入って教わってきたチャイと同じくレモングラス入り。
ピリッとしたスパイスに、レモングラスの爽やかさが加わると、一味ちがいます。

食材やアーユルヴェーダグッズも売っています

レカの販売コーナー スパイス

レストランの一角は、食材コーナーです。スパイスは少量で買えます。
他にも、箱入りのスパイス、ギー、お米、豆などの食材や、アーユルヴェーダのシャンプー、ペインバーム、ヘアオイル、石けん、歯磨き粉などが並んでいました。
アーユルヴェーダは、パタンジャリブランドがメインで、ヒマラヤもちょっとありました。

特筆すべきは、インドスナック。
バルフィー各種、ギーと小麦粉で作られたカックラ、ラドゥー各種、シャンクラパリ、チヴダchivda、Shevなど塩系スナックなどなど。
すべてお店で手作りされています。
一番充実しているのが、ディワリというお祭の時期。
ガネーシャチャトゥルティ(ガネーシャの誕生日)の時期には、ガネーシャの大好きなModakモダクも登場します。

文化も学べます

レカ インド文化センター ガネーシャ

レカの二階は文化センターです。
インド楽器のタブラ、ダンス、ヨガ、サンスクリット語などのクラスが定期的に開催されているそう。

祭壇には大きなガネーシャ。ガネーシャは、マハラシュトラで特に大切にされ、盛大に誕生日を祝われています。
ムンバイのいろんな王様(マハラジャ)の帽子が並んでいたり、インド服各種ポスターには、ちょこちょこ普段着という項目が挟まっていたり。

 

 

ママは以前アメリカでテイラー(洋服作り)として働いていたそうで、店内で販売しているインド服も手作りとのこと。
料理をして、接客して、ガーデニングして、縫製して、お菓子も作って。なんてお元気なんでしょう!

レカには、インドのお母さんが詰まっていて楽しかったです。

店舗詳細

名 称カフェと印度家庭料理レカ Reka kasai cafe and indian home food
電 話03-6676-0941
時 間11:30~15:00(LO)
18:00~21:30(LO)
定休日月曜日
住所・地図東京都江戸川区東葛西6-23-11