スリランカ人シェフのフレッシュスパイス料理「King Lion キングライオン」|神奈川・溝の口

溝の口のスリランカ料理

旧来の友人夫婦が経営する川崎・梶が谷のイタリア料理屋「ザッキ(ZACCHI)」へランチへ行こうと思ったら、残念ながらお店のお休みにかぶってしまいました。

それでは、近くのカレーにプラン変更しましょう。
久しぶりに溝の口のスリランカ料理「すらさ」へ!と思ったら、オーナーが変わり「KING LION キングライオン」というスリランカ料理屋さんになっていました。

スリランカ料理KING LIONの入り口

近所のおばあさんが育てた野菜を、たとえスリランカでは馴染みがないものでもどんどんチャレンジしておいしいスリランカ料理にしたい。「料理大好き!」という気持ちがビシビシと伝わって来ました。

スリランカ料理KING LIONのオーナーご夫妻

メニュー

この日のランチプレートは、豚・鶏・ベジから選択。(通常はお魚もあり)
豚と鶏をオーダーしました。

スリランカ料理KING LIONのランチプレート

豆カレー、里芋のカレー、カボチャのカレー、パパダム、ゴーヤのサンボル、エリンギカレー!
好きなように全部混ぜ混ぜ。オクラと煮干の一品もサービスしていただきました♩
甘いジンジャードリンクと一緒に。

シェフのご実家のオリジナルミックススパイスを使っていて、そのままごはんにかけてふりかけのように食べたくなってしまうおいしい香りでした!胡椒は、乾燥しているにも関わらず、果実であることを思い出させるフルーツのような爽やかな味。

スリランカ式チャイ

スリランカ料理KING LIONのスリランカチャイを作っているところ

クミン、カルダモン、フレッシュジンジャー、クローブ、シナモン
スリランカチャイもオーダー。
たっぷりのスパイスを、薬木のマサラ臼でバンバン叩いてエキスや香りを引き出します。
水は使わず、牛乳のみ。茶葉にもこだわられていて、そのまま味見させていただくと、パリパリッとした食感で、繊細で優しいお茶の風味がしました。

チャイの甘さは、スリランカ現地スタイルでオーダー。
できあがったチャイは、牛乳のみなのに軽く、スパイスと甘さがちょうどいいハーモニー。
ポット一杯で、量は約4杯分もありました。シェアして楽しむのがオススメです。

キトゥルハニー

糖尿病の方もいただけるという、キトゥル椰子の蜜がけヨーグルトもいただきました。
スリランカでハチミツと言えばこのキトゥルハニー(Kithul honey)なのだとか!
スリランカ料理KING LIONのキトゥルハニーとヨーグルト
冷蔵庫で保存していると固まってしまうブランドもあるそうですが、KING LIONで販売しているキトゥルハニーは大丈夫!
自宅用とプレゼント用に購入して、ヨーグルトにかけたりして楽しんでします。

キトゥルハニーとは?

スリランカで古くから使われている天然の甘味料です。自然に自生している10m以上にもなる孔雀椰子(キトゥルヤシ)に登り、集めてきた花の蜜を煮詰めて作ります。ビタミンB群の1つであるイノシトールを含有していて、脂肪の流れをコントロールする働きがあるため、生活習慣病である肥満や動脈硬化の予防、抜け毛、肌荒れ、便通、精神安定にも効果があるとされています。

アーユルヴェーダも販売中

以前ご紹介したスリランカのアーユルヴェーダティ「サマハン」やスパイス農園の脱毛クリームなども購入できます。

夜は、カレープレートはもちろん、魚を使ったおつまみ類や、ピットゥ(ケララではプットゥ、米粉ベースの蒸しケーキ)や、家庭風ドーサ、スリランカ風炒飯なども!
ワインも充実していて、ソムリエのご友人にお料理一品一品に合わせて選んでいただいたそう。昼も夜も楽しめますね。

家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理 スリランカのアーユルヴェーダ料理 ナチュラルモデルを育んだママの、体の内側からきれいをつくる体質別レシピ 南の島のカレーライス―スリランカ食文化誌 アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ

店舗詳細

名 称 KING LION(キングライオン)
電 話 044-857-1158
時 間 ランチ 11:30 – 15:00(14:30 L.O.)
ディナー 18:30 – 24:00
定休日 お店Facebookでご確認ください。
住所・地図 神奈川県川崎市高津区下作延2-5-41 La Florida 1階
東急田園都市線・JR南武線「溝の口」駅より徒歩5分
駐車場は近隣のコインパーキングを利用。

AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+