洗濯!洗濯!!世界一の洗濯工場ドービーガート内部探検「Dhobi Ghat」|ムンバイ

ムンバイの有名観光地の一つ、それは世界一の規模の巨大洗濯工場ドービーガート Dhobi Ghatです!
工場というより、もはや町!そこには生活がありました。

洗濯場として、100年以上の歴史があって、200家族・7000人以上も働いているのだそう。
カーストにより代々職業が決まってきた、インドならではですね。

ドービーカートへの行き方

それでは、行ってみましょう!
最寄りは、Maha Laxmi駅。

駅を出たらすぐがもう巨大洗濯工場ドービーガートです。写真を撮っている人の姿を目にするでしょう。
この橋梁の上から見渡すことができるのです。撮影スポットです。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート

奥に見える高層ビル群、その手前に無数の洗濯物がたなびくコントラストは、ここでしか見られない光景。

よく見てみると、あらゆるところに人がいます。おもしろそう!

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート ウォーリーを探せ

ウォーリーを探せみたい。よく見てみると…いろんなところに人が!

入れない?入れる。

せっかくなので、中に入れるかチャレンジしてみましょう。
階段を降りて左の方へ行くと、メインゲートがあります。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 入り口

威圧感のある壁に囲まれていました。ほとんど中は見えません。
覗こうとしていると、「ボス」のような人に声をかけられました。
「中に入る?」とすんなり。ガイドをアレンジしてくれて、中に入ることができました。

もちろん有料ですが、値段交渉可ですし、元の言い値からすでに法外ではありません。
結局ひとり150ルピーだったかな?

予約不要のツアー!はじまり、はじまり。

中に入ると、中央には、小さなプールのような洗濯場が並んでいます。
ジーンズを洗っている人、白い服を洗っている人、それぞれの請負先から出された洗濯物を洗います。

水に浸かり、石に洗濯物をバンバンうちつけ、手でギューギュー押し付け、汚れを落とします。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 洗い場がいくつもプールのように並んでいます

ガイドさんについてもらってよかった。迷路です!

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 洗濯物

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 熟練職人

灼けた肌、立派な白ひげ、筋肉!何年くらい洗濯しているんでしょう?!

室内でアイロンがけ

トンネルのような屋内では、アイロンがけをする人が多かったです。雨のときでもできるようにかな?
使っているのは炭アイロン。とても重いのですが、ピシーっときれいにシワが伸びます。

あぁ、熱がこもって熱いです!!

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート アイロンコーナー

ずらりと並んだ洗濯物!

ねじったロープに挟み込むように干された洗濯物たち!
洗濯ばさみいらず。真似したい。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート キレイに並んだ洗濯物

しみ抜き・テイラー

特殊洗濯にもしっかりと対応。ある方が見せてくれたのが、黄色いシールで示された「シミここだよ」マーク。
シミなどに使う特殊洗剤とブラシが置かれていました。

テイラーさんも。衣類にまつわるあらゆるものがドービーガートに。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート テイラー

生活風景

ドービーガートのおもしろさは、洗濯という生業の人々が暮らす一個の町のような場所だというところ。
それぞれのペースで、ごはんを食べたり、ひげを剃ったり、家族で遊んでいたり。

門の外に出れば、すぐそこに魚・肉などのマーケットも、チャイ屋さんも揃っています。駅も近くて便利な立地。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート ひげを剃る人

ひげそり

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 子供と遊ぶ人、洗濯する人、水浴びする人

右手前は体洗う人、中央は手で洗濯する人、奥は子供と遊ぶ人

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 体を洗う少年

体を洗っている人も多いです。服を洗って、自分も洗って。

機械化

ドービーガートの中には、こんな工場もありました。業務用の立派な洗濯機もそこかしこに!

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート マシーン

建物

とにかく縦横無尽に入り組んだ作りです。至るところに人がいて、おもしろいです!

取引先

小規模から大規模まで!
ドービーガートの外までは、トラックや大八車で運んできます。

そこからは人力!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 洗濯物を持ち込んだ人

左:お客さま  右:洗濯屋さん

 

最後に

ボスの視界に入らないような場所に行くと、ガイドさんは、ちょいちょい身の上話を挟んできました。
そして「ボスには内緒で」とお金を要求されました。笑
よくあることですね。チップを渡すと喜ばれます。でも、すぐ払ってしまったり、反対に絶対に払ってくれない人だとみなすと、急に手抜きをしたり、早々に終了してしまう人もいます。ギリギリまで引っ張りましょう。

ドービーガートは、
遠くから眺めると、異世界。
すぐ外から見たら、怖そう。
でも中は、平和。
明るい笑顔がいっぱい!汗して働くひとがいっぱいでした!

ガイドを付けてもらってよかったです。

ムンバイ 巨大洗濯工場 ドービーガート 取材中のAROUND INDIA 田村ゆみ

取材風景。お世話になりました!

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら