インドのチベット「ダラムサラ」ってどんなところ?|ヒマーチャルプラデーシュ州

ダラムサラに、なぜチベット人が多く住んでいるの?

ダラムサラは、インドの北部ヒマーチャル・プラデーシュ州にあるヒマラヤの山の町です。
ダライ・ラマ法王の住まう町として知られています。

発音は、 ダラムシャラー<br />意味は、法の家
チベットは、中国の占領により、多くの命が失われ、今でも多くの人々が難民として世界各地に住んでいます。
最も多いのがインドであり、中でもここダラムサラにはインド独立時のネルー首相が亡命政府をこの地に置いたため、今でもチベット社会の中心地となっています。
チベットの首都ラサに対し、ダラムサラはリトルラサと呼ばれることもあるそう。

インド各地にチベット人の入植地があるのですが、今回ダラムサラでお話しする限り、ダラムサラ以外では、ラダック、カルナータカ州、デリーのコミュニティが大きいようでした。

チベットを知るなら、ダライ・ラマテンプルの敷地内にあるチベットミュージアムへ行ってみましょう。tibetmuseum.org

ダラムサラへの行き方

デリーからダラムサラへは、飛行機・電車・バスの方法があります。

飛行機の場合

AROUND INDIAは、滞在時間を増やすために飛行機で行きました。ダラムサラへは、エアインディア2便。spice jet 2便の計4便運行しています。わたしはspice jetの10:50の便で、3,999ルピーでした。

デリーからダラムサラへの行き方 飛行機

電車の場合

デリーからダラムサラへの行き方 電車

  1. デリーからパンジャブ州のPathankot駅に向かい、そこからプリペイドタクシーに乗る
  2. Pathankot駅から、ローカル電車に乗り換えKangra駅へ。そこからタクシーに乗る
  3. Pathankot駅から、バスに乗る

電車の検索・予約にはCleartripが便利です。

バスの場合

デリーからダラムサラへの行き方 バス

一番選択肢が多く、出費も抑えられます。
バスの検索は、redbusが便利です。ただ、インドの携帯電話番号がないとアカウントを作れないので、現地でSIMを手に入れて手配するか、ホテル・旅行会社に手配をお願いしましょう。
事前に手配しておきたい方は、シゲタトラベルに日本語で相談してみてください。

AROUND INDIAは、現金で支払いたい場合など、redbusに掲載されている会社に直接出向いて予約することも。

外国人を引き寄せるダラムサラ

AROUND INDIAの2018年インド旅は、南インドのケララ州、アーンドラプラデーシュ州、そして首都デリー、お隣ハリヤナ州と移動しましたが、南インドで会った外国人は、ほんの数名。

デリーからダラムサラに向かう飛行機の搭乗口では、これまで見たことがないほどの西洋人の姿が。
わたしはチベット医学を目的にしてしまったので、ダラムサラの町自体のことをほとんど調べず、田舎の小さな町をイメージしていました。
バックパックに詰めたのは、主にインド服。でも、ここにいる外国人はミニスカート、レギンスにピタッとしたTシャツ、ドレッドヘアー、ショートパンツ、ハイカットのブーツなど、洋服の人ばっかり!服選び失敗?!

ダラムサラからデリーに戻るときに乗ったプロペラ機

爆睡してしまったので気づきませんでしたが、プロペラ機はかなり揺れたそうで、具合が悪くなっている人もいました。弱い人は酔い止めを飲んだ方がいいかもしれません。

ダラムサラ、山から見下ろす風景

空港から町へ移動

標高770mの空港から、2,082mのマクロードガンジへは山を登っていきます。
デリーのホテルが提携していたドライバーさんが、たまたまダラムサラ出身だったので、お友達に迎えに来るよう手配してくれていました。飛行機で一緒だったイスラエル人のサンスクリット語研究者もご一緒に。通常は、1000ルピーほどだそう。わたしはシェアしたので300ルピー。

ダラムサラというのは、いくつかのエリアに町が散らばっていて、AROUND INDIAが滞在するマクロードガンジという場所は、その中でも上の方に位置していました。

ダラムサラは高低差がすごい

ローワーダラムサラと呼ばれる、山の下の方の町は、普通のインドの町のように見え、マクロードガンジとはだいぶ雰囲気が違っていました。歩いているのもインド人が多め 。

チベット医学メンツィカンのクラスメイトは、学校だけが目的の人たちは、空港などからのアクセスからローワーに、他にもしたいことがある長めの滞在者たちはマクロードガンジ、ダラムコット、バグスなど上に滞在と分かれていました。

短期より、学習目的の長期が多め

マクロードガンジにも、西洋人、アジア人、そしてパンジャブ州からのインド人観光客がいっぱいでした。日本人は少なくて、12日間でAROUND INDIAが会ったのは計4名。

渡航目的も、この町が好きでのんびり過ごしに来た人、ヨガを学びに来た人、チベット語を学びに来た人、ダライ・ラマのお話を聞きに来た人、チベット仏教に興味がある人、瞑想を満喫しに来た人、音楽をやりに来た人、わたしのようにチベット医学を求めて来る人などなど。

ヨガやマッサージも、受けるよりも、学んで資格を得るコースばかり!
レイキのようなヒーリング、インドやチベットのお料理、チベットタンカ、マクラメのアクセサリーづくり、紙漉きなどのワークショップも豊富。

小さなプライベートクラス、大きめのスクール、そして本格的なクラスもあります。
図書館で開催されるチベット語などの講座トゥシタやヴィパッサナーなどの瞑想クラス(両方体験した友人曰く、こちらのヴィパッサナーは清潔度などがちょっと残念とのこと。トゥシタはかなりおすすめだそうです。)、ノルブリンカ NORBULINGKAでのタンカなどのチベットアートを学ぶクラスなど。

滞在期間や学びたいレベルで選ぶと良いと思いますが、町のいたるところにたくさんの情報が貼られているので、お互いに情報交換して選んでいる人が多かったです。

Tushita meditationセンター 一日でもOK

滞在施設

至るところに宿があります。
ダライ・ラマのティーチング(法話)のときは、かなり予約が困難だと聞いていました。
今回部屋がカビ臭かったので、翌日他の部屋が手配できるまで、一泊別の宿に泊まろうと思ったのですが、ホテルの人が言う通りどこも満室でした。バックパックを担いで、雨の中宿探しにさまよっている外国人カップルも多く見られました。

ダライ・ラマの法話スケジュールをチェック

長期滞在の人たちは、アパートのような長期貸しのお部屋に泊まっていることが多かったです。
あるフランス人女性は、一ヶ月65ユーロほどだと言っていました。

友人の部屋は、簡易キッチンが備わっていて、シンプルながら快適そうでした。

チベット仏教の町

マクロードガンジの中心には、カラフルで美しい建物があります。チベット仏教寺院です。
建物をぐるりと回れるように、マニ車があるのですが、通るたびについ回したくなります。

おばあちゃんの真似をして参拝。大きなマニ車を回して、続いて周囲へ。
慣れない私は、意外な重さのマニ車をうまく回せずモタモタ。
次のおばあちゃんや、お坊さんがみるみる迫ってきます。
でも、誰も急かさず、暖かく見守ってくれます。

そうして、明日もまた回すのです。

ダラムサラ・マクロードガンジのお寺 Kalachakra Temple

チベット仏教のお坊さん、数珠を数えながら歩くおじいちゃん・おばあちゃん。ダライ・ラマの地で仏教に転身したインド人などなど、仏教が大切にされている町です。

バリエーション豊か!しかも格安なおいしいもの

世界中から訪れる町なので、ごはん屋さんも充実しています。
チベット料理、インド料理(特にパンジャブの文字が多し)、イタリア料理、カフェなど。

たとえばインド版食べログのZomatoでランチを検索してみると…
Lunch in Dharamshala – Zomato https://www.zomato.com/dharamshala/restaurants?category=9

イタリアンのお店でチベット料理が食べられたり、カフェでインド料理が食べられたり、チベット料理のお店でサンドイッチが食べられたり、いろいろ混ざっている感じがおもしろいです。

カフェは本格的で安い!これにはみんな驚いていました。
東京のカフェで飲むようなラテが、たっぷり入って140円ほど。
インドのスターバックスコーヒーの価格は、日本とほぼ変わらず、デリーのカフェも基本的に日本と変わらない気持ちで行くので、ダラムサラのカフェには本当に驚かされました。

数ヶ月単位で長期滞在している人が多いのもわかる。居心地の良さです。
マナリで作られているチーズなど、西洋食材も手に入るし、道端では気軽に中華食材や韓国食材も売られています。

お店情報も、これから掲載していきますね。

ダラムサラ関連の本


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+