2018年1月1日、インド人にとって、もっと日本が身近に!

ムンバイのインド門の夜

学生に続き、一般人へ拡大

昨年2月、インド人学生に対するビザ要件が緩和されました。
それに続き2018年1月1日より、インド人全般に対してビザ要件が緩和されました。特に訪日歴のある方にとっては、より行き来がしやすくなるでしょう。

今回、何が緩和されたかと言いますと、ビザ申請に必要とされてきた「申請人の在職証明書」及び「数次の渡航目的を説明する資料」が不要になったのです

2018年1月1日〜数次ビザ(複数回入国可能)申請に必要な書類は3つ

  1. パスポート
  2. ビザ申請書
  3. 経済力を証明するもの(観光目的の場合)
    一定の企業への所属を証明するもの(商用目的の場合)

過去1年間に2回以上日本に来たことがある方は、更に簡単!
必要なのは①パスポート②申請書のみで、有効期間が最長5年,滞在期間は最長90日の数次ビザが申請できます。

まとめ

インドにいても、日本を旅したことのある方や次回の旅先に考えている方に、以前より会うようになりました。
具体的に訪問先を相談されたりするのですが、みなさん日本のことをよく調べていらっしゃいます。
宗教のない国、平和な国というイメージを持たれている事が多く、日本人というだけで友好的に接してもらえる恩恵にあずかっています。
実際に来て、いい国だったと思ってもらえるよう平和な日本を保っていきたいですね。

情報源:
インド国民に対するビザ緩和(短期滞在数次ビザの申請書類の簡素化及び発給対象の拡大) | 外務省

Visa Relaxation for Nationals of India (Simplification of visa application documents and expansion of scope of eligible applicants for multiple-entry-visa for short-term stay) | Ministry of Foreign Affairs of Japan


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

10月スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら