大都市ムンバイで、昔ながらのブロックプリント布を作り続ける工房「Pracheen」

都会の一角で伝統を守るPracheen

インドの木版プリントと言えば、ラジャスタンやグジャラートが有名ですが、大都市ムンバイの中心地にも工房があります。

ムンバイ旧市街、ゴチャゴチャした町並みの一角。
古い建物の上に、その工房Pracheen(プラチーン)はあります。

インドの優れた職人に送られるナショナルアワード(2005年)を受賞したお父様 Ahmed Khatriさんは引退され、現在は息子のSarfarazさんがご活躍中。

ムンバイ木版プリント工房PracheenのNational awardを受賞したお父様と後継ぎの息子さん

左)お父様 Ahmed Khatri氏 右)息子さん Safraz Khatri氏

天然素材や方法はもちろん、三世代に渡りPracheenで働いている職人さんなど人材や技も、確実にも引き継がれている工房です。

製作工程

集中力を切らさぬようチャイ休憩を挟みながら、真剣な眼差しでもくもくとそれぞれの工程をこなしていく職人さんたち。
ここがムンバイのど真ん中ということを忘れてしまいます。

こちらは、後の工程のために、台に布をまっすぐピンと張る職人さん。

ムンバイ木版プリント工房Pracheen 布をぴんと張る工程

ブロックを押していく職人さん。
大きな固いマメは、長年版を押し続けた証です。

1.ブラス版で枠を押し 2.木版で内側を埋めます

Pracheenでは、藍(インディゴ)、マンジシュタ、ウコン、ザクロ、ヘナ、マンゴーの茎、カスミなどを染織に用いています。
天然素材にこだわりながらも、発色の良さがさすが!

まっすぐ版を押せるよう、二人一組でガイドラインを引いていく職人さんたち。

ドライヤーで乾燥させる職人さん。

ムンバイ木版プリント工房Pracheen ドライヤーで乾燥させる工程

両側の壁一面に詰まった、無数のブロック。
一つ一つ固有の記号が書かれていて、欲しいブロックは5分以内に見つけることができるそう。

ムンバイ木版プリント工房Pracheen どちらの工房でも天井から布がぶら下がることが多いです

天日干し工程は、屋上で行われています。

ご購入

グジャラート州カッチ地方をルーツに持ち、何世代もに渡りブロックプリント布を作りづつけてきたKhatriファミリー。
自然素材の高騰や、インドの高額なサービス税 GST、良い素材の入手が困難になってきていること、体を使った仕事をしたい人が減ってきていることなどで、昔ながらを続けることは厳しくなってきているそう。
それでも、環境に優しい自然素材での染めや伝統技法を守りながら、新しいデザインや現代の良い部分を取り入れ、多数のインド人デザイナーとコラボレーションするなどご活躍されています。

シルク素材を多く用い、肌触りも最高です。
ムンバイでのご購入は、バンドラ地区のVaya Weaving Heritageでどうぞ!

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+