「女性のためのアーユルヴェーダ 〜 一般的な婦人科疾患への対策と健康増進法」講座|日本アーユルヴェーダスクール・東京

女性アーユルヴェーダドクターによる、女性のための講座

日本アーユルヴェーダスクールで行われた「女性のためのアーユルヴェーダ〜一般的な婦人科疾患への対策と健康増進法(Ayurvedic womens health & Care for common ailments)」講座に行ってきました。

お話しされたのは、アメリカでご活躍中のアヌパマ先生(Dr.Anupama Kizhakkeveettil)。旦那さまもアーユルヴェーダドクターなのだそう。

Dr.AnupamaとRASA YogaのかなこさんとAROUND INDIAの田村ゆみ

右から、Rasa Yogaのかなこさん、Dr.Anupama、AROUND INDIAの田村ゆみ

笑顔がとってもチャーミングな女性で、わたしが学んだケララ州北部カヌールの隣町のご出身!わたしがその町にある大好きなお寺の話をすると、そこはドクターの一番好きなお寺なのだそう。まさかまさかの偶然。

教わったのは、サプタダートゥという体を作る要素のうち、女性にとって特に大切にしたいラサ(リンパ)ラクタ(血液)について、そして子宮筋腫、子宮内膜症、生理不順やPMSといった多くの女性が抱える不調についてのお話でした。

Dr.Anupama女性のためのアーユルヴェーダ

わたしは初めてのアーユルヴェーダの問診で、重い生理痛の悩みを「胃を治せば治る」と言われて驚いたのですが、それについて、すべて納得がいきました。
パンチャカルマ日記2008 vol.1 日本で受けたアーユルヴェーダの問診と治療

あの時きちんと胃を整えて、それから胃の調子に耳をすませるようにしたおかげか、あれから9年間生理期間を楽に過ごすことができています。

胃や消化は大切。本当にそうです。

アーユルヴェーダと生理

生理のイメージ

さて、生理について、どういうイメージをお持ちですか?

面倒くさい?嫌なもの?汚い…と感じている方もいます。
とにかくマイナスイメージが多いですよね。

“月一回の自然のデトックス”でも、月一回の自然のデトックスチャンスだと思えば、少し楽しみになるのでは?!

カラリパヤットゥ の師匠からは「体が普段より重くなるのが普通だから、ゆっくり過ごすように」と言われていました。お寺や神様の近くには寄らない期間なので、カラリの道場へ入るのも禁止。神棚の下で行うマッサージは、他の人に代わってもらう必要がありました。
アーユルヴェーダの浄化治療 パンチャカルマ では、生理期間中は基本トリートメントはお休みです。洗髪を避けるようにとも言われています。

過ごし方、向き合い方を少し変えてみて

世の中には、生理中でも普段と同じように過ごせるような便利なツールがいっぱいあります。泳ぐことも、痛みを感じさせないことも、生理日をずらすこともできます。
でも!あえて普段と違うように、ちょっと大切に過ごしてみてはいかがでしょうか?そして、次にやってくる生理をより楽にするために、それまでの普段の生活を大切にしたいですね。

閉経に関しても、不思議なものでそれまで「面倒くさい」はずだった生理が、無くなってしまうとなると急に「女性でなくなってしまうような寂しさ」や、「更年期障害に対する不安」が強くなる傾向にあります。

でもアヌパマ先生は「無くなったと喜んだらいいもの」「人生の当たり前の流れ」と仰っていました。この言葉は、年齢を重ねた多くの女性にとって、閉経が楽しみにさえなるような気分にさせてくれます。

たくさんのレメディーを習ったので、現在実践中です。
実体験も併せて、今後の講座でみなさんにシェアしていきたいと思います♩

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+