インドの電車予約!直前だけ買える、特別切符タットカル Tatkalを使おう

Mumbai CST駅のリザベーションカウンター

Tatkal(タットカル)とは?

Tatkalとは、特別に席を確保された、直前予約用の切符のこと。

インドの国鉄Indian Railways(IRCTC)は、長距離列車の利用者が多いです。
そのため、直前に予約を取ろうとしても、かなりの確率でキャンセル待ちになります。
WL(Waiting List)と表記されます。

急に移動が必要になった場合、とーっても困りますよね。

そんな時は、お金は少々高くなりますが、タットカルチケット(Tatkal、タッカル)の購入を検討してみましょう!通常の切符が販売開始される時には売り出されない切符です。

Tatkalの仕組みは、一定数の座席を販売せずに確保しておき、前日に売りに出すのです。

Tatkalは、使いたい人にとっては大助かりのシステムですが、一般の販売席数が減ってしまうということ。
きちんと前もって予約する人にとっては、キャンセル待ちになる可能性が高くなってしまうという、喜ばしくない一面も。

タットカルチケットが売れ残ると、一般のキャンセル待ちの人に割り振られます。

発売タイミングに注意!

注意が必要なポイントは、Tatkalチケットの発売タイミングに、予約を入れられる状態にいなければ厳しいこと。

発売開始時間は、乗車クラスによって変わります。

  • AC(エアコンあり)午前10時より
  • Non AC(エアコンなし)午前11時より

例えば、8月2日の列車のチケットを購入したい場合、AC(1A/2A/3A/CC/EC/3E)なら、8月1日10時からTatkalチケットが発売されます。
Non AC(SL/FC/2S) なら、8月1日の11時からとなります。

Tatkalの予約方法

Mumbai CST駅の場合

Mumbai CST駅のリザベーションカウンター

  1. Resevation Counterの12番窓口に置いてあるフォームに記入します。
    下の写真は、2017年1月1日の午前10時に窓口へ行き、30歳女性のAround Indiaさんが、2017年1月2日発の16345 Natravati Expressの、Lokmanya Tilak Terminus駅→Kannur駅の2等寝台(2AC)を予約した場合の記入見本です。
    Tatkalフォーム記入見本
  2. 記入したら、窓口で受付番号のようなハンコを押してもらいます。
  3. 2階の窓口へ持っていきます。
    希望の列車やクラスは既に売り切れでしたが、希望に近い他の列車やクラスを探して手配してくれました。

IRCTCの公式サイトの場合

  1. IRCTCのサイトで、希望の駅名と日付を入力してSubmitをクリックする。IRCTCのサイトのチケット検索画面
  2. Select QuotaでTATKALを選択する。IRCTCのサイトのチケット検索画面
    選択すると、青くなります。
    Tatkalを選択
  3. 希望の列車の、希望Classをクリックする。
    クラス名
  4. 1月2日は、WL5。Tatkalでも既にWL5なので、確実に取れるかはわかりません。。
    チケット有無の検索結果それでもOKであれば、Book Nowをクリックして進みます。
    Book now
    検索時に利用したMUMBAI CST駅ではなく、Lomanyak Terminus駅発なので、それでも良いかという確認メッセージが出ました。問題なければOKで進みます。
    駅が異なることの確認
    このまま進むと予約になってしまうので、説明はここまで。外国人は、支払い方法が限られるのでご注意ください。

Cleartripの場合

  1. 前日になると、Tatkalが表示されるので、Tatkalを選択してBookに進みます。
    NOT AVAILABLEの場合、選択できません。
    CleartripでTatkalを予約する方法
  2. 料金の内訳や、予約内容を確認して進みます。
    WLにも関わらず、NON REFUNDABLE(返金不可)なのはイタイですね。
    CleartripでTatkalを予約する方法返金不可は、IRCTCの規約によるものだそうです。
    CleartripのTatkalの料金の説明

Make My Tripの場合

  1. Tatkalにチェックを入れ、Update Statusをクリックして現在の状況を表示します。
    WL1(キャンセル待ち1人)、BOOKをクリックして予約に進みます。
    MakemytripでTatkalを予約する方法

Tatkalの発券手数料(2016年12月現在)

通常の切符代に、Tatkalの手数料が加算されます。
AC 2 Tier(AC2等寝台)の場合、400〜500ルピーです。

IRCTCのTatkalの手数料一覧

Tatkalのキャンセルおよび返金

発券済みのTatkalは、キャンセルは可能ですが、返金は不可です。

希望者が多いと、Tatkalでもキャンセル待ち(WL)となります。
キャンセル待ちの場合は、キャンセルも返金も可能です。

タットカルの状況 キャンセル 返金
発券済み
キャンセル待ち

更にスペシャルなPremium Tatkal

Premium Tatkalは、一部の列車でのみ利用可能です。
これについては、まだ経験がないので不明です。
Premium Tatkalを利用できる列車リスト

Tatkalもダメな時の裏技

1ヶ月も前なのにすでにWLいっぱい!だったり、タットカルの発売時間が移動中だったりすると、列車を諦めたくなりますが、Tatkalまで待たずにチケットを手に入れる方法がありました。
それはコネ。旅行会社によっては、コネでチケットを取れるのだそう。

外国人だとふっかけられそうなので、現地の人に料金を確認してもらったところ、IRCTCから直接買うと約2500ルピーのチケットが、旅行会社では3500ルピーとのことでした。
1000ルピーの差で、Tatkalを待たずに確保できる。絶対に取りたい場合に使えますね。
チケットが取れなくて困っているときは、現地旅行会社にダメ元で確認してみると良さそうです。

参考サイト

IRCTCのTatkalのページ

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+