ケララ州限定!肥満税を徴収しています

ケララ州の肥満税

肥満税とは?

2016年よりケララ州でFat tax(肥満税)という税が、インドではじめて導入されました。

ケララ州の肥満税とは、
人や生活ではなく、肥満の要因となるジャンクフード購入時にかかる税のこと。税率14.5%。

ここでのジャンクフードの定義は、ハンバーガー・ピザ・ドーナツ・タコスなどを販売する、マクドナルド・ケンタッキー・バーガーキング・ドミノピザなど、大手ファストフードチェーン店のことのようです。

ケララに特別肥満の人が多いかというと、わたしはそうは感じていなかったので驚きました。
太っている人は「お米いっぱい食べるからね♩」と、ごはんの食べ過ぎが理由だと話していることが多かったです。

でも、市街地にファストフードチェーンのお店が年々増えていることは事実。
増えているということは、食べる機会が増えているということですよね。

Kerala’s Fat Tax: What will it take to win the fight against obesity? | Hindustan Times
に掲載された調査によると、

ケララ州の肥満率
女性28.1%、男性17.8%
パンジャブ州の肥満率
女性29.9%、男性18.2%

比較に出たパンジャブ州は、乳製品が豊富でギーをよく摂取し太りやすい環境だそうで、デリーで会ったパンジャブ出身の女性も「パンジャブにいた頃は太っていたし、戻ったら絶対太る」と言っていました。

下図の調査では、ケララもパンジャブも入っていませんが、ゴア州とタミル・ナドゥ州の肥満率も高いですね。
pin

ちなみに、日本の肥満率(BMI≧25 kg/m2)は、平成26年の厚生労働省の調査によると、
女性 21.3%、男性 28.7%という結果。

2012年から、インドでは太り過ぎの定義を23 kg/m2に下げて設定したようなので、それを元に計算されているのであれば、日本の方が肥満率が高いという結果になりますね。
また、日本では女性より男性の方が肥満率が高く、インドでは男性より女性の方が肥満率が高いです。

インドのケンタッキーで肥満税をチェック!

先日ケララで、はじめてインドのKFC体験をしてきました。

レシートを見てみましょう。

インド・ケララ州ののケンタッキーで肥満税
チキンとパンを頼んだら222ルピー!高い!
詳細を確認してみると、そのうち肥満税が26.68ルピーでした。
その他もろもろの税11.04ルピーと、立派な紙袋代5ルピーが加算されていました。

大手ファストフードチェーンは、一般のインド料理の食堂と比べると、元々高価です。
それを日常的に食べられる人にとっては、14.5%はあまり痛手ではないような気もしますが…。

果たして数年後、肥満率は下がるかな?



AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+