インドがルーツのムスリム料理ムルタバ「シンガポール ザムザム」|シンガポール・アラブストリート

シンガポールザムザムのムルタバ調理するサヒールさん

パンのようでオムレツのような食べ物ムルタバ

シンガポールは多民族国家です。
AROUND INDIAが滞在していたリトルインディアと呼ばれるインド人街ほど大きくありませんが、アラブストリート、フィリピン人街、チャイナタウンなど、民族色が濃いエリアが点在しています。
アラブストリートは、それほど広いエリアではありませんが、サルタンモスク(Masjid Sultan)周辺にトルコ・エジプトなどのアラブ料理レストランや、ランプや絨毯を売る店が集まっています。

サルタンモスクの向かいには、ひときわ目立つ数軒のお店があります。
そこで人気なのがムルタバという、アーユルヴェーダ病院のあるケララ州のポロタという層状のパンと似た見た目の食べ物。

ムルタバはデリー・スルターン朝(1206年 – 1526年)時代のインドが発祥である。貿易商を通して、ムルタバはデリー・スルターン朝時代に東南アジアへ伝わり、これらの国々で人気であり続けた。

wikipediaより

AROUND INDIAは、1904年創業のインド・ムスリム料理レストランシンガポール ザムザム Singapore Zam Zamというお店にやって来ました。
なぜなら、アーユルヴェーダ病院のあるカヌールの友人と同じ地元の方が働いているお店だからです。
シンガポールで、カヌール人に会える♩と、とても楽しみにしていたのです。

シンガポールザムザム外観

シンガポール ザムザムは、目立つのですぐに見つかりました。
お店の方に彼の名前を告げると、大きな声で叫んで呼び出してくれました。
初対面だけれども「〇〇から聞いていたよ!!!」と大歓迎で2階席へと案内してくれました。

更にお二人カヌール出身のスタッフさんが挨拶に来てくれました。
シンガポールでこんなにカヌールの人々に会えると思っていなかったので、とってもうれしかったです。

2大人気ムルタバとビリヤニを食べよう

ムルタバは5種類あります。
一番人気はビーフとのこと。
続いてチキン、マサラに漬け込まれています。
珍しい鹿肉も!でもシンガポールでよく食べられているというわけではないそうです。
そして魚(イワシ)とマトン。

おすすめのビーフにしました。
そしてもう一つシンガポール ザムザムで人気なのがビリヤニ。
「カヌールのビリヤニ(マラバールビリヤニ、タラシェリビリヤニ)が好き」と伝えると、「カヌールのビリヤニとは違うけど、フィッシュビリヤニがいいと思うよ」とおすすめしてくれました。

シンガポールザムザムのビーフムルタバ

運ばれてきたムルタバを見て、大きさにビックリ!(後ほどメニューを見て知ったのですが、サイズは選べるみたいなので聞いてみてくださいね。)
写真ではポロタのようかと思っていましたが、卵がきいていてオムレツの方が近い気がします。
生地だけの厚みではないので軽いです。
グレービー(カレーソース)をつけて食べます。
ビーフムルタバには辛みはありませんが、グレービーはスパイシー。
フィッシュグレービーと、マトングレービーも持ってきてくれました。どれも好き!
付け合わせのきゅうりは、ちょっと不思議な甘みのあるソースがかかってましたよ。

フィッシュビリヤニは、フィッシュフライ、グレービー、サラダが別盛りで付いてきます。
おすすめだけあっておいしい!
さすがモスクの前という立地で、ビリヤニ好きな地元のイスラム教徒を日々満足させているだけあります。

シンガポールザムザムのフィッシュビリヤニ

シンガポール版チャイ。Teh’C’(テーシー。エバミルク入り)でシメ。口の中がマイルドになり、幸せいっぱい。

満腹になったら、1階のキッチンへ誘ってくれました。ワーイ!
各種ムルタバの作りかたを見せてもらいました。

初対面のわたし、友人の友人という繋がりのわたしなのに「お金払う気?!まさかー!!要らないよー」とご馳走してくださいました。
インド人の優しさにはよく驚かされます 😀

100年以上もシンガポール人に愛されてきたお店。
シンガポールに行ったらぜひ寄ってみてくださいね。

店舗詳細

名 称 シンガポール ザムザム Singapore Zam Zam
電 話 +65 6298 7011
時 間 7:00 – 23:00
定休日 なし
住所・地図 Singapore Zam Zam, 697-699 N Bridge Rd, Singapore 198675

AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+