つらいガスだまり・腹痛を「ひまし油ラップ」でケア

レメディ、ひまし油とラップ

痛みはメッセージ

ガスが溜まって、下腹部が痛くなってしまいました。便秘でも下痢でもありません。
痛みは、気づかせてくれるためのありがたーいメッセージ。。
でも!痛みは辛いです。なにかケアしてみましょう。

どうして痛くなったの?原因を考えてみよう

ガス溜まりの原因となりやすいもの

  • 炭酸を飲んだ
  • キャベツ、豆、じゃがいもなど、ガスを発生しやすいものを食べた
  • 食べたり飲んだりするスピードが早かった
  • ガム
  • ストレス
  • 運動不足
  • 水を飲む量が少なかった

ふむ、いくつか当てはまるものがありました。続いて対策しましょう。

ホームレメディを試してみよう

ガスを増やさない、悪化させないための予防的ケア

まずは、ガスが出るような食べ物の量を減らしました。
そして、お湯、トゥルシティー、えんめい茶など、温かい飲み物をゆっくり定期的に飲むことで、ガスの排出を促しつつ、これから増やさないための予防的措置を取りました。

痛みを減らす、治すための治療的ケア

ヨガ:ガス抜きのポーズ Pavanmuktasana

腸を圧迫するようなポーズです。
今回はこれだけでは対応できませんでしたが、軽いものならこれでOK。
普段から行うようにすると尚いいです。体が固い方でもやりやすい片足バージョンをご紹介します。

  1. 仰向けに寝ます。
  2. ゆっくり息を吸いながら、両手で左膝を抱えます。
  3. ゆっくり息を吐きながら、ふとももをお腹に密着させるように意識しながら、膝を口(または鼻)に近づけます。
  4. ゆっくり息を吸いながら、膝を元の位置に戻します。
  5. 右も行います。

ひまし油ラップ

今回はひまし油を使うことにしました。使うのはひまし油とラップだけ。とってもお手軽です。

  1. ひまし油を適量手に取り、痛む場所をガスを流すように、温めるようにマッサージする
  2. ラップを貼る
  3. そのまま過ごす

2時間くらいしたら、痛かったことすら忘れていました。
夜中も起きるほど痛かったのに不思議ですね。
でもこれで安心してしまうと復活してしまうかもしれないので、きちんと治すために、ひまし油ラップはそのまま付けておき、ガスが出やすい食べ物を避けることにします。

※ラップは、無添加のものを使用しています。


体験情報のシェアフォーム

インドでアーユルヴェーダを体験しましたか?
ぜひ、あなたの経験もAROUND INDIAにシェアしてくださいね。

トリートメントスクール


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+