WHOも認める「国際アーユルヴェーダの日」制定が近そうです!

国際アーユルヴェーダの日、制定間近!!

アーユルヴェーダの日 National Ayurveda Dayが、インド国内で制定されたのが2016年のこと。

今回10月14日にインド伝統医学省AYUSHのShripad Naik氏が発表したところによると、国際アーユルヴェーダの日に関する合意覚書を交わしたとのこと。

ヨガのように、アーユルヴェーダを国際的に広めるために、本格的に動き出しているインド政府。
現在までに、14カ国にAYUSHの大学ができ、50カ国にアーユルヴェーダのインフォメーションセンターができているそう。

アーユルヴェーダが、日本でも選択肢のひとつになる日がきたらいいですね。

2018年の国内アーユルヴェーダの日は、11月5日。
毎年、ディワリ初日、アーユルヴェーダの神さまとして知られるダンワンタリを祝うDhanvantari Trayodashi(Dhanteras)の日です。
来年は、国際の文字に変わってるかな?

情報源: ‘International Ayurveda Day’ will be reality soon: Shripad Naik 

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+