9月28日開講 暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース 5期生募集中

アーユルヴェーダハーブで大気汚染クリーンアップ作戦!|ウッタルプラデーシュ州

インドの一部では、大気汚染問題が大変深刻ですが、その空気をきれいにするための新たなプロジェクトがはじまりました!

この北インド・ウッタルプラデーシュ州政府主導のプロジェクトで、道路沿いにアーユルヴェーダハーブを植えるというもの。
(ウッタルプラデーシュ州知事は、お坊さんでもあります。)

植えるアーユルヴェーダハーブは、34種類。
トゥルシ、ターメリック、ブラフミー(つぼくさ、ゴツコラ)、アシュワガンダ、アナントムーラ(サリヴァ)など。

トゥルシ(トゥラシ、カミメボウキ、インドバジル)は、周囲の空気を浄化してくれるハーブとしてよく知られていて、インドの家庭やお寺などで、植えられ大切にされています。

もともとインドで昔から役立ててきた薬草たちを使って、空気をきれいにするプロジェクトは、アーユルヴェーダの再普及に役立てたいという目的もあるようです。

手始めに選ばれた、主な地域は次の通り。 

Delhi-Yamunotri state highway 57 in Saharanpur, 
Ashapur-Sarnath in Varanasi, 
Panchkosi-Parikrama in Ayodhya, 
Gorakhpur-Deoria, 
Aligarh-Mathura highway via Keshavdham,
Banda-Bahraich highway in Chitrakoot

人間だけでなく、環境のお薬にもなるアーユルヴェーダ。
空気を汚す側も連携して、空気がきれいになるといいですね。

ウッタルプラデーシュ州の車の旅が楽しくなりそうです。

参照:
Uttar Pradesh to have herbal highways soon | Lucknow News – Times of India 

Herbal Ayurvedic plants along national, state highways in Uttar Pradesh to contribute to clean air quality