アルナングシュ・チョウドリィ来日公演に行ってきました|神奈川・大磯「今古今」

アルナングシュ・チョウドリィ今古今

神奈川・大磯にある今古今(こんここん)で、タブラの未来の巨匠アルナングシュ・チョウドリィの公演が開かれました。

ひょうたんランプの灯りの中、キリムの絨毯に腰をおろします。

キリムの絨毯

アルナングシュ・チョウドリィさんは、未来のタブラの巨匠と噂される実力派。
お弟子さんのキュウリさん、シタールのヨシダダイキチさんと、三人でのセッション!

シタールは、日本の琵琶が元なのだそう。インドから渡ってくる流れが多いですが、琵琶は逆方向なのですね!
シタールのチューニングから始まったのですが、チューニングからもう演奏でした。

1時間半、休憩無く続く演奏。
長いと思いますか?とても不思議なことに、途中からは記憶が無いというかあっという間だったのです。
盛り上がるにつれ、説明しづらいのですが、空間が「ここ」だけになったような、なんとも気持ちいい音楽。

見えないほどの指づかい。一音一音の響き。すごかったー✨
お三方のハイレベルな掛け合いがまた楽しそうで、演奏中の表情もすてきでした。

インディーモモちゃん作の和風サモサ。生地がほろっ、じゃがいもはホクっとしていて絶妙でした。

電車くんに、自宅に眠っていたものを寄贈。
震えるほど喜んでもらうことができました。必要な人のところに行けてよかったです。
使ってくれているバッグは、インド号時代に製作したMeals Ready✨

電車くん

お久しぶりの方々ともお会いすることができました。
今日はCDを聴いています。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+