インドビザの期限にご注意ください!90日以上滞在できません

更新情報
2018年2月16日 オーバーステイ後の再入国について追記しました

6ヶ月有効なのに、90日間しか滞在できないという不思議

インドに行く場合、全員ビザが必要です。
長期滞在予定の方は、60日有効の電子ビザやアライバルビザではなく、通常のツーリストビザ(6ヶ月有効)を取得する方が多いと思います。

その通常ビザに、以前は記載がなかった「90日間以上滞在してはいけない」という注意書きが追記されていることがわかりました!
変更があったのは、写真のビザの赤く囲った部分です。

インドビザの有効期限チェックポイント

赤で囲った部分をチェックしましょう

AROUND INDIAが2016年7月に取得、2017年1月まで有効だった通常ビザでは「NON-EXTENDABLE AND NON-CONVERTIBLE(延長不可・切り替え不可)」と書かれていたのですが、

インドビザ90日ルール、適用外

2017年1月まで有効だったビザ 180日まで滞在可

現在のビザは、「EACH STAY NOT TO EXCEED 90DAYS(一回の滞在が90日を超えないこと)」と変わっています。2018年2月現在有効のビザ 90日を超えて滞在不可

現在6ヶ月有効のビザをお持ちの方は、一度の滞在が90日までの可能性が高いです!
お持ちのビザの注意書きをご確認ください。

ビザの有効期限が切れていた場合

対応としては、90日以内に一度出国するという指示に従うしかないようです。

有効期限切れに気づかず出国しようとした方は、空港での出国手続き時、期限を超えて何をしていたか理由を問われたり、滞在先に連絡をするなど、一悶着ありつつも出国できたとご報告いただきました。

イミグレーションの調査で期限切れが判明した方は、一両日中に出国するよう指示されたそうです。

また最近の傾向として、長期のメディカルビザの取得も難しくなっているようです。

インドビザは、突然変更することがあります。
時間の余裕をもって申請し、申請時や取得後の注意書きはよく確認しましょう。

ビザに関するご質問先
東京管轄:インド大使館(℡ 03-3262-2391)
大阪管轄:インド総領事館(℡ 06-6261-7299)

2018年2月16日追記 – オーバーステイの対応

90日を超えて滞在した場合、オーバーステイとみなされ入管への出頭を命じられます。
そこでの聞き取り調査などの結果によって、何日後に再入国できるかなどの指示があるそうです。

再入国はできても、その後の滞在は警察の監視下におかれるとのことで、滞在先など関連施設に常に確認がいくような形になるそうです。
旅行者自身のためにも、快適に滞在するために、再入国までしばらく時間を置いた方が良いだろうとのことでした。

90日ルールについては、入国時も、ホテルなどでパスポートを提出しても、誰かが注意を促してはくれません。
ビザの内容をよく読んで、改めてご自分の滞在可能日数についてご注意くださいね。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【全回 残席わずか】10月27日スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら