3-4年後の実現に期待!副作用のないアーユルヴェーダ抗がん剤

がん治療薬に本格参入するHimalaya Drug Company

インドのアーユルヴェーダサプリメントで有名なHimalaya Drug Company(ヒマラヤ)が、本格的にガン治療の分野へ参入です!

ガンの広がりを押さえ、なおかつ副作用のない成分を研究中とのこと。
しかも3〜4年後に製品化を期待とのことで(インドなので、そこには間に合わないにしても)、自然派抗ガン剤が現実のものとなる日が遠くなさそうです。

誰もがきっと、強いお薬を使わずに治療したいと思っているはず。
ガンの負担が、心にも体にも軽くなる日が、一日も早くやって来るといいですね。

それでは、BW BUSINESSWORLDの「Himalaya Soon To Enter Cancer Therapy With Innovative Herbal Drugs」の和訳をご覧ください。長文なのでGoogle翻訳を利用しました。

ハーバルドラッグのパイオニアであるヒマラヤ・ドラッグ・カンパニー(Himalaya Drug Company)は、世界のがん治療市場における真のプレーヤーとなる予定です。自然科学とアーユルヴェーダでよく知られている研究力に裏打ちされている同社は、驚くほど広がっている病気に対処するために、少なくとも5つの主要な薬剤を開発したいと考えています。

Liv52とSpetilinの製造元であるヒマラヤがこの深刻な治療領域に参入することは、ハーブや天然産物ベースの腫瘍治療が化学療法のよりよい代替手段として幅広く利用されているため、大いに待たれていました。バンガロールに本拠を置く同社は、2003年以来、研究開発パイプラインで腫瘍学の標的に取り組んでいます。

ヒマラヤでは、研究者たちは、副作用のないがんの広がりを止めることができるものを見つけるために、さまざまなハーブエキスを試験しています。主な焦点は、安全で副作用のないハーブ溶液製剤を開発することでした。

ヒマラヤ・ドラッグ・カンパニーの最高経営責任者(CEO)であるフィリップ・ヘイドン(Philipe Haydon)は、次のように述べています。「私たちは、現在開発中の最も有望な天然化合物のうち、いくつかの拡大した複数の臨床研究を含む、製剤開発の最終段階にあります。 BWビジネスワールドとのインタビュー。

「これは私たちの治療上の焦点にとって重要で深刻な追加となるだろう」とHaydon氏は付け加えた。

同社は今後3〜4年以内にこれらの抗がん剤を発売する予定です。ヒマラヤが現在市場に投入しようとしている腫瘍学のポートフォリオは、特定のカテゴリーの市場で入手可能な既存の製品よりずっと優れていると考えられています。

「医薬品部門のビジネス・ヘッドであるTL Suresh氏は、「ヒマラヤが今焦点を合わせようとしている別の重要な治療領域は、がん治療薬であり、厳密に処方経路の下にあります。 ヒマラヤ薬品株式会社

「これらの製品にもたらすことができるイノベーションは確かに優れており、既存の治療法に比べて優れている」とSuresh氏は述べている。

オンコロジー製品は現在、約200人の現場担当者を擁している病院販売部門に入居する予定です。この部門はさらに一層強化され、腫瘍治療薬が発売されれば300人を増やすことができるとSuresh氏は付け加えた。

医療関係者4人を含むヒマラヤは、医薬品部門からの貢献を増やしたいと考えているため、3〜4年後に医師のチームを着実に拡大している。約5000人の医療関係者を抱える同社は、2020年までに総収入10億ドルに達する予定であるため、チームは1万人まで増える可能性があるとしている。

医薬品、ウェルネス、パーソナルケア、動物の健康を含む3つの事業領域をグローバルに90の市場に展開している非公開企業は、2025年までにインドの目標である10億ドルの収益を達成することができます。パーソナルケア事業は、最近、赤ちゃんと母親のケア部門を追加し、現在は男性ケアとグルーミングにも拡大する予定です。

情報源: Himalaya Soon To Enter Cancer Therapy With Innovative Herbal Drugs – BW Businessworld

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

コメントを残す

Oriya Food Night!オリッサ料理を食べよう @ Bombay 厚木詳細はこちら≫
+