アーユルヴェーダ治療が、インドの保険適用に!

まだまだ加入割合の少ないインドの保険

インドの伝統医療省AYUSHロゴインドにも医療保険があるのですが、日本のように全員が加入するような保険ではありません。

これまで保険の適用となるのは、基本的に西洋医学。
理由は、アーユルヴェーダは医師の判断によってその人に処方するトリートメントが違うこと、お薬の材料が高価なことがあるなど、適正な料金かどうかの判断が難しいと考えられてきたからです。

でも、今のインドはモディ首相の牽引で、アーユルヴェーダやヨガなどの伝統医療を猛烈に推進しています。
そこで2016年11月23日、遂にアーユルヴェーダも保険の適用とすることが決まったのです!インドの伝統医療省AYUSHが作成したガイドラインは下のリンクからご覧ください。

全13ページのガイドラインを見る(GUIDELINES FOR INSURANCE COVERAGE TO AYURVEDIC TREATMENT)

20種類の病気に限定して補償

適用されるのは入院が必要な20種類の病気に限定されています。
病名、症状、トリートメントの内容、日数が、かなり具体的に定められています。1つの例を見てみましょう。

病名
SwasaRoga, KasaRoga
(Restrictive /Obstructive Pulmonary Diseases, Bronchial Asthma, Emphysema, COPD..etc)
どんな症状か?
Breathing difficulty, Cough, Fever
トリートメント内容
Snehapana, Abhyanga, Nadeesweda, Vamana, Virechana, Kavala, Dhoomapana, Nasya, Pizhichil, Thakra Dhara, Urovasthi, Taila Vasthi, Kashaya Vasthi, Pichu, Thailam, Kashay Dhara, Dhanyamla Dhara, Lepam
入院日数
7- 28日間

保険診療が受けられるのは、政府運営など一部の病院に限定

定義としては、15床以上あること。
5名以上のアーユルヴェーダドクターと、充分な数のセラピストが在籍していること。
日々の医療記録をきちんとつけていること。

治療費は1ルピー単位まで決められています

例えば、オイルマッサージのアビヤンガAbhyangaは、一回あたり1145ルピー。
額にオイルを垂らす、アーユルヴェーダで有名な シロダーラ は、1420ルピーと定められています。

今後は、アーユルヴェーダに続き、ヨガ、ホメオパシー、ユナニ、シッダ、ナチュロパシーへと保険適用範囲が広がる模様です!
選択できる治療のバリエーションが増えますね。

参考記事

GUIDELINES FOR INSURANCE COVERAGE TO AYURVEDIC TREATMENT
Now, ayurveda treatment gets insurance cover
Insurance coverage for Ayurveda treatment cleared
Do Ayurveda treatment or alternative medicine Covered by Health Insurance?


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【キャンセル待ち】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+