よくある質問|PVAアーユルヴェーダ病院編

よくある質問バナー

アーユルヴェーダスクール

インド政府認定セラピストの資格を取ることができますか?

はい、PVAアーユルヴェーダ病院は、BSS(Bharat Sevak Samaj)というインド人のための雇用促進機関の認定施設です。
そのため、PVAで1ヶ月のクラスを修了した時点で、BSSの受験資格を得ることができます。

資格を取りサロンを開いている方はいますか?

はい、世界中にいらっしゃいます。
ただし施術を習う期間は1ヶ月と限りがあります。
その間にたくさんの技術を学ぶので、自信をつけるためには自主練をおすすめします。

AROUND INDIA 田村の場合、日本で数日のクラスを受けた後、現地に行きました。
現地の授業で習った後、生徒同士で練習したり、自分の体やエアーで練習。
とても役立ったのが、自分でもパンチャカルマというトリートメントを受けたこと。約1ヶ月普段患者さんに触れているセラピストによるマッサージなどを受けることで、学びが多く得られました。
診察・診断クラスでは、患者さんに触れる機会をいただき、帰国後家族や知人に経験を積ませてもらいました。
(カラリマッサージについては、手に負えないと思ったので、そちらのマスターに弟子入りして学びました。)

現地の授業内で、自信がつくまで学ぶのは難しいと思います。でも、自信をつけるための素地を作ることはできると思います。

オイルは調合オイルを使用されてるのですか?

はい。病院で単体のオイルを用いることは稀です。
院内で製薬しているものと、外部の薬局から購入しているものがあります。
薬学のクラスでは、お薬づくりを学べます。

日本で使えるオイルの紹介はありますか?

はい、個人輸入として病院からお送りするサービスを、2018年に再開いたしました。
利用に関しては注意が必要なので、下記のページをご参照ください。

PVAアーユルヴェーダ病院のお薬処方が日本で受けられるようになりました! | AROUND INDIA アラウンドインディア
https://around-india.com/1805-pva-pharmacy-open/

英語がわからないと授業には参加できませんか?

英語力については「どのくらい必要」と示すことがむずかしいので、わたしや皆さんのご体験を基にお話したいと思います。

まず、授業はすべて英語で行われます。

ご提案1:事前テキストデータ受け取りを利用する

PVAアーユルヴェーダ病院のテキスト英語力が不安な方には、理論・トリートメントのクラスに限りテキストデータを事前に受け取るサービスがあるので(追加料金要)、そちらで予習をお願いしています。事前にボキャブラリーを構築しておくだけで、確実に安心感が増します。

テキストの事前受け取りをお悩みの方は、AROUND INDIAの個人相談でテキストをお見せすることができますので、よかったらご利用ください。

また現地PVAも、「現地授業でわからないことがあれば、授業以外のタイミングでもご質問に対応するので言ってください」とのことです。インドでは、こちらから伝えないと伝わらないため、どんどん質問して助けを求めていただければと思います。

クラスは、理論と実技で構成されています。実技は、言葉よりも体で覚えることが多いので比較的問題ないと思います。

わたしは英語が得意ではありませんし、ボキャブラリーもなかなか覚えられません。でも、事前にテキストの予習をして、授業後クラスメイトにノートの確認をお願いしたり、先生に質問したり、言葉が聞き取れない場合は綴りを書いてもらったりすることで、かなり助かりました。授業は大変でしたが、そこにいることから学べることもたくさんありました。

日本人だけでなく、外国人でも、英語に苦労している人は大勢います。
「やる気は、語学力を超える」というのが、これまでのみなさんから感じたことです。

授業の様子など、一度覗いてからご検討なさりたい方は、2019年2月 AROUND INDIAがPVAへお連れするツアーを計画中です。
1週間町に滞在後、ご希望の方は翌月からのクラスに参加したりパンチャカルマを受けられますので、ぜひご参加くださいね。ツアー詳細はこちらからどうぞ >>

ご提案2:通訳

費用はかかりますが、日本語通訳をたてる方法もあります。2500ルピー/1日
その場合、インド人通訳の空き状況によりますので、お早めにAROUND INDIAにお問い合わせください。

授業はいつはじまりますか?

基本的に、毎月最初の平日から始まります。
PVAには、前日か前々日到着して、翌日出発なさる方が多いです。

2018年の開講日

1月1日
2月1日
3月1日
4月2日
5月1日
6月1日
7月2日
8月1日
9月3日
10月1日
11月1日
12月3日

2019の開講日

1月1日
2月1日
3月1日
4月1日
5月1日
6月3日
7月1日
8月1日
9月2日
10月1日
11月1日
12月2日

通信講座の現地実習は、5日+5日など分けて受講することはできますか?

はい、可能ではあります。
おすすめとしては、10日の最後にBSSの認定筆記試験がありますので、期間を空けずに受けるとスムーズです。

通信講座の場合、テキストの受け取りはメールですか?郵送ですか?

テキストは、メールで受け取ります。
6回に分けて届きます。

ヨガスクール

ヨガトレーニングは、インド政府認定をいただけるものですか?

いいえ、認定資格はアーユルヴェーダクラスのパンチャカルマセラピストのみになります。
ヨガコースは、PVAのヨガコースの修了証が発行されます。

アーユルヴェーダスクールと併用して受けられますか?

はい、可能です。
ヨガベーシックコース(朝)とアーユルヴェーダクラスを組み合わせる方が圧倒的に多いです。

AROUND INDIA 田村の場合、朝、ヨガのベーシックコース、午前・午後アーユルヴェーダスクール、夕方ヨガのティーチャートレーニングコースを受けました。そして別途ヨガセラピーコースです。
最も多忙なときは、そこにパンチャカルマのトリートメントも加わっていました。とても忙しかったですが、不可能ではありません。

トリートメント・パンチャカルマ

パンチャカルマの費用と所要日数を教えてください。

パンチャカルマは、カスタムメイドのお一人様ごとの異なる症状をケアするフルコースのトリートメントです。
どれだけ体調が悪いか、どれくらい蓄積したかなど、人それぞれのこれまでに合わせて処方が決まります。

特に病気がなく健康増進目的の方、定期的に受けている方は、最短の21日で済むかもしれません。
反対に長患いの方は、もっと時間が必要でしょう。

使用するお薬なども異なり「〇〇日で〇〇円です」とは申し上げられないので、ごめんなさい。
ただ、目安として参考になるページをご案内いたします。

インドのPVAアーユルヴェーダ病院で受ける短期トリートメントプランのご案内

みんなのアーユルヴェーダトリートメント「PVA Ayurvedic Hospital」ケララ州

 


お申込み

申込みの流れを教えてください。

ご説明します。スクール・パンチャカルマなど、どちらのお申込みの方も同じ流れです。

  1. お申込みの意思が固まりましたら、PVAのインド現地口座にご予約金を振り込みましょう。
    2018年7月現在、予約金 13,100円、1ヶ月目のクラスを受講する方でテキストデータを事前に送付希望の場合+26,200円(合計 39,300円)
    海外送金はTransferwiseが便利です。送金方法≫
  2. 予約が確定したら、ビザを取得してください。
    3週間以上滞在する場合は、メディカルビザが必要です。申請には、PVAの招待状が必要です。
    下記の情報を poilan4japan@gmail.comまでメールでお知らせください。
    取得しづらくなっているという話があります。観光ビザで行き、現地で授業やトリートメントを受けながら切り替えることも可能です。(切替手数料5000ルピー)

    1. パスポート番号
    2. フルネーム(パスポート記載のローマ字表記)
    3. 年齢
    4. PVA到着予定日/出発予定日
    5. 健康上の不調や病気
  3. 空港送迎が必要な場合は、ケララ州のカリカット空港到着日時、便名をお知らせください。

直接行っても受けられますか?

空いていれば受けられますが、いっぱいだと受けられません。
事前予約がおすすめです。

準備

滞在中の洗濯は手洗いですか?

洗濯をPVAスタッフに頼むことができます。滞在費には含まれておりませんので、一回につき300ルピー(2017年現在)お支払いください。
洗濯機に入る分量まとめてお渡しください。洗剤のご用意はいりません。

AROUND INDIA 田村は、いつも手洗いです。
部屋付属のシャワールームにあるバケツと自分で用意する洗剤を使います。
テラス付きの部屋にすると、テラスに干すことができます。テラスなしの場合は、部屋干しです。

シャンプーやボディソープは普通のものはダメですか?

使い慣れたもので構いません。
現地のスーパーマーケットなどでアーユルヴェーダ系のものを購入する方も多いです。
トリートメントを受ける場合、固形石鹸が渡されます。
病院製のアーユルヴェーダ生薬をブレンドした粉石鹸スナナチュールナム Snana Choornamも現地で購入できます。


到着後

PVAはクレジットカードで支払いできますか?( ユーロですか?)

PVAは基本的にクレジットカード払いができます。
時折スタッフによってはNOということもあるようなのですが、お困りの場合はFARHANまたはDR POILANなど責任者に相談してください。ルピー払いと聞いています。

送迎のタクシーの支払いはカード可能ですか?

いいえ、送迎タクシーは「現金で」ドライバーから直接請求されます。
ドライバーがお釣りの持ち合わせがないなど、特殊な場合は病院での支払いになることがあります。

現地通貨はATMですべてカードでキャッシングを考えています。問題ありますか?

わたしはこれまで、その方法で問題ありません。
病院の近くにもATMがありますので、スタッフに場所を聞いてくださいね。
引き出し一回につき1万ルピー上限で、約200ルピーの手数料がかかる場合が多いです。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+