デリー⇄ヴァラナシ間を5時間短縮!2019年1月より特急電車Train 18運行開始

インド特急列車Train 18 Economic Times

インド国内のアクセス改善

日本が受注したことでご存知の方も多い、インドの新幹線計画。
その裏で着実に進んでいたのが、このT-18(Train 18)計画です。

観光に人気のデリー⇄ヴァラナシ 間の780kmを結ぶTrain 18は、12月11日の発表で12月末をめどに始動すると発表がありました。
先日のテスト走行で時速180kmを出し、いよいよ12月29日にモディ首相の旗振りでヴァラナシから始動予定。一般客の乗車は、2019年1月〜のようです。

デリー⇄ヴァラナシ 間は、現在12〜17時間かかっているところ、なんと8時間まで短縮されると試算が出ています。

インド特急列車Train 18の所要時間

Wikipediaによると、インド特急列車Train 18のルートと所要時間   参考:Train 18 – Wikipedia

しかしながら、高速なため安全面の確保に線路脇の柵が必須で、完成するまではラージダニ特急(Rajdhani Express)と同じ時速130kmで走行するとのこと。

速度だけじゃない、Train 18のポイント

ただ速度の違いだけなら、130kmで走る今はラージダニと変わりません。

Train 18は、インド初のエンジンレス・自走式システムが導入されていて、車内の雰囲気も現代的で快適そうなのです。寝台はありませんが、この後に続くTrain 20に搭載予定です。
全席コンセント付きでwifi完備。トイレはエコシステムを搭載した自動水洗。読書灯。
車内へ続くドアは自動。車椅子フレンドリー。荷物置き場も、これまでの座席列車より若干大きく作られているそう。

 

View this post on Instagram

 

#Train18 ಮೋದಿ ಆಡಳಿತದಲ್ಲಿ ಸ್ವದೇಶಿ ನಿರ್ಮಿತ ರೈಲು, ಮೇಜ್ ಇನ್ ಇಂಡಿಯಾದ ಕೊಡುಗೆ. ನಮ್ಮ ಭಾರತಕ್ಕೂ ಮಹತ್ವವಿದೆ ಎಂದು ತೋರಿಸಿಕೊಟ್ಟ ಪ್ರಧಾನಿ ಮೋದಿಜಿ ಅರವತ್ತು ವರ್ಷಕ್ಕೂ ಅಧಿಕಕಾಲ ದೇಶವನ್ನಾಳಿದ ಕಾಂಗ್ರೆಸ್ ಅನ್ನೋ ನೆಹರೂ ಕುಟುಂಬದ ಪಕ್ಷ ದೇಶವನ್ನು ಸಾಲದ ಕೂಪಕ್ಕೆ ತಳ್ಳಿದ್ದು ಬಿಟ್ಟರೆ ಬೇರೇನೂ ಮಾಡಿಲ್ಲ. @narendramodi V r proud

Kumari Gさん(@kumaridhruti)がシェアした投稿 –

16両編成で、一般クラスが1両につき78席のところ、2車両ある上級クラスは52席とゆとりのある造りだそうです。Train 18の停車予定駅は、New Delhi、Ghaziabad、Kanpur、Allahabadm、Varanasi 。

12月28日現在、IRCTC(インド国鉄)の公式サイトで検索には出てきませんでしたが、近日中に販売開始されると思います。インド旅計画中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

IRCTC Next Generation eTicketing System

情報源:
Speed of Train 18 – Fastest train T-18 to finally run between Delhi and Varanasi | The Economic Times
Train 18 launch date out! Check route, stations where Indian Railways’ marvel will stop | Zee Business
India’s fastest train, Train 18 to run between Delhi and Varanasi – India News

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

【募集中】2019年4月開講『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第4期』|東京・都立大詳細はこちら≫
+