PVAアーユルヴェーダ病院のお薬処方が日本で受けられるようになりました!

PVAアーユルヴェーダ病院のお薬処方サポート

まずは処方から

AROUND INDIAが提携している南インド・ケララ州のPVA Ayurvedic Hospitalのお薬を、日本からお求めいただけるようになりました!

911のテロ以降、PVAからの発送はストップしていました。とても長かったです。

AROUND INDIAとインドのアーユルヴェーダの関係は、日本でオンラインで受けたPVAアーユルヴェーダ病院長の診察からでした。
そのため、経験をご覧くださった方々から「(日本で)お薬の処方を受けたいのですが…」とご相談いただいても、「今は方法が無くて…」と、現地に出向いていただくしか方法がありませんでした。

何年間もPVAと話し合い、お互いに道を探ってきました。そして2017年テスト輸入も無事済ませ、ついに再開することになりました!

  • インドへ行かずとも、アーユルヴェーダお薬の処方を受けられます
  • セルフマッサージに、本物のオイルを使うことができます

ご購入いただけるのは、現地の病院で使われているオイル・粉薬・煎じ薬・タブレットなどです。
今後は、ご自由に選んで購入できるよう準備が進んでおりますが、一足お先に、処方をご希望の方から受け付け開始することになりました。

ご利用前にかならずお読みください

around-india.com内に場所を提供しておりますが、PVAの直営であり、みなさまがPVAから個人輸入なさる流れです。

PVAアーユルヴェーダ病院、お薬処方の流れ

【日本】お客さま ↔ 【インド】PVA Ayurvedic Hospital

PVAのお店ページに、詳しいご注文の流れや法律上の数量制限等の情報が載っています。
ご注文の前によくお読みくださいね。

良薬口に苦し

漢方を想像していただくとわかりやすいかもしれませんが、アーユルヴェーダのお薬は自然から作られているものなので、おいしくないもの、飲みづらいものもあります。
マッサージ用にオイルが処方されることもあります。粉を溶いて湿布剤にすることもあります。
そのため、お薬の期間は生活にちょっと制約が出ます。

でも、わたしのケースのように、他の医学、特に西洋医学ではでは苦手なことが、アーユルヴェーダのアプローチでは簡単なことかもしれません。

日本語での処方サポートをお手伝いします

AROUND INDIAは、一生飲み続けるように言われた鎮痛剤を、アーユルヴェーダのおかげで手放すことができました。

PVAアーユルヴェーダ病院のコンサルテーションは英語で行われるため、日本語での診察サポートをご希望の方は、AROUND INDIAがお手伝いさせていただきます。
院長直伝の質問表に沿って診察・処方時の内容の翻訳、かんたんな海外送金方法のご案内、再注文も日本語でサポートいたします。

お薬の処方を受けても、指示通り強制的に買わなくてはいけないものではないのでご安心ください。
でも体や心は日々変化していきます。時間が経ってしまうと、改めて診察が必要になる場合がありますので、できるだけ心を決めてから診察をお申し込みされることをオススメします🙏

日本語サポートご希望の方は、AROUND INDIAのオンラインストアからお申し込みください。

より詳しいサービス内容は、オンラインストアの商品ページに記載しております。
※現在治療中の方は、必ずご担当の医師にあらかじめご相談の上お申し込みください。

現地でパンチャカルマトリートメントを受けたいけれど、事前に日本語で診察を受けておきたい方、料金の見積りが欲しい方も、こちらのサービスで対応させていただきます。
※現地病院でご対面時の体調に合わせて、医師から若干変更を提案される場合があります。

日本語サポートがご不要の方、できるだけ費用を抑えたい方は、直接病院とのやり取りがおすすめです。
その場合、poilan4japan@gmail.comへ処方ご希望の旨、英語で直接メールでご連絡ください。


Currency Converter by OANDA

料金の目安

AROUND INDIAの日本語サポート

15,000円

PVAからの個人輸入にかかる費用の目安

送料 DHL

10kg箱 10,500ルピー または 5kg箱 8,500ルピー

お薬代金の実費

処方内容によって変わります。

5,000〜20,000ルピー

海外送金手数料

1000円〜2000円(Transferwiseご利用の場合

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

6月・7月・9月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第3期』土曜コース|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+