【最新】2017年11月版インドビザを取得しよう!「電子ツーリストビザ e Tourist VISA」

インドビザの変更は突然に!

インドビザに関する変更は、突然やってきます。これまでも申請の度に、何かしら変更があると言っていいほど頻繁です。申請の際は最新情報を得るようにご注意くださいね。AROUND INDIAでも、わかる範囲で追記していきます。

2017年3月21日より、ビザの申請先はインド大使館/インド総領事館です。IVS Global Japan(インドビザ申請センター)ではありませんのでご注意ください。
詳しくは、「インドビザ申請窓口変更!!ビザセンターから大使館/領事館に。2017年3月21日 〜」をご参照ください。

ビザに関するご質問先
東京管轄:インド大使館(℡ 03-3262-2391)
大阪管轄:インド総領事館(℡ 06-6261-7299)

メニューへ戻る

インドビザは全員必要です

日本国籍の人がインドに入国場合、短期であっても観光であっても全員ビザが必須です。

インドビザの取得方法は3つ(2017年11月10日現在)

No. 申請方法 有効期限  条件 取得まで
の日数
 料金 種類
通常ビザ オンライン申請後、大使館または郵送で申請 発給から6ヶ月  滞在期間が未定の方、長期の方はこちらのビザを! 約2週間 ビザの種類による あらゆるビザ
電子ビザ
e-VISA
オンライン申請後、インドの空港で発行 入国から60日 要件≫ [公表] 72時間
[実際] 18時間
 25ドル
(2017年5月)
観光
商用
医療
アライバルビザ
Visa on Arrival
到着時ビザ詳しくはこちら≫
申請書に記入し、インドの6空港のアライバルビザカウンターで発行
(バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ)帰国便のチケットの提示が必要
入国から60日
(2017年4月1日〜)
最長60日の滞在2回、再入国1回まで なし。
現地空港にて手続き
2000ルピー
外貨OK
観光
商用
医療

自分で申請するのがご不安な方は、旅行会社やビザ申請代行業者に手続きの代行を依頼することができます。
インド ビザ 申請 代行 検索結果

メニューへ戻る

インドビザに便利なリンク

ビザに関する最新情報・ビザの種類/申請については、インド大使館の下記ページが参考になります。

メニューへ戻る

電子ビザ e-VISAについて

電子ビザ e-VISA利用条件

短期の観光/商用、インドが今推しているメディカル・ツーリズムまで、活用の幅が広い電子ビザ e-VISA。
利用条件に当てはまれば、とっても便利です。

  • インドに入国する際に利用する空港が、下記のリストに含まれていますか?
  • アーメダバード(Ahmedabad)
  • アムリトサル(Amritsar)
  • バッグドクラ(Bagdogra)
  • ベンガルール、バンガロール(Bengaluru)
  • カリカット、コーリーコード(Calicut)
  • チェンナイ(Chennai)
  • チャンディーガル(Chandigarh)
  • コーチン、コチ(Cochin)
  • コインバトール(Coimbatore)
  • デリー(Delhi)
  • ガヤ(Gaya)
  • ゴア(Goa)
  • グワーハーティー(Guwahati)
  • ハイデラバード(Hyderabad)
  • ジャイプール、ジャイプル(Jaipur)
  • コルカタ(Kolkata)
  • ラクナウ(Lucknow)
  • マンガロール(Mangalore)
  • ムンバイ(Mumbai)
  • ナーグプル(Nagpur)
  • プネー(Pune)
  • ティルチラパリ(Tiruchirapalli)
  • トリヴァンドラム(Trivandrum)
  • バラナシ、ワラナシ(Varanasi)
  • 滞在日数は60日以内ですか?
  • 期限延長ができなくても問題ありませんか?
  • 出発まで4日以上ありますか?
  • 観光ビザ・商用ビザの場合、有効期間中インドに入国できる回数が2回で問題ありませんか?
    医療ビザの場合、有効期間中インドに入国できる回数が3回で問題ありませんか?
    (1月〜12月の間に、2回まで申請可)
  • ジャーナリスト・カメラマンなど報道関係者、NGO、ボランティア、会議への参加目的ではありませんか?
  • パスポートに2ページ以上の空白がありますか?
  • 途中で他のビザに切り替えられなくても問題ありませんか?
  • 支払いに必要なVISAかMASTERのクレジットカードをお持ちですか?
  • パスポートの有効期限は、入国日から6ヶ月以上残っていますか?

電子ビザの要件に当てはまらないときは、通常ビザを申請しましょう!

アライバルビザ or 電子ビザ、おすすめはどっち?

アライバルビザは、面倒なオンライン申請不要。現地空港で発行してもらうことができて、電子ビザと同じ60日の有効期限。
でもAROUND INDIAはいつも電子ビザを利用しています。一番の理由は、インドビザは突然変更しますで書いたとおり変更の可能性が高いからです。
アライバルビザは、2016年まで一時廃止されていました。その変更は突然だったそうで…

変更によって困ったケース 1

何度もインドを行き来している日本人女性が、アライバルビザの廃止を知らずインドに到着。
現地空港で入国できずに帰されてしまった。

変更によって困ったケース 2

はじめてインドに行く日本人男性が、アライバルビザをもらおうとしたら、現地空港職員が認知していなく数時間待たされてしまった。

お守りのような電子ビザ

ケース2の場合、2016年に再開したアライバルビザは日本人限定の特別措置。そのためかなり利用者が限られていたのです。(現在は、改善されているのではと期待します。)

AROUND INDIAが電子ビザを選ぶ理由は、ビザを持ってさえいれば、よほどの問題がない限り入国できるだろうという安心感と、電子ビザの方が利用国が圧倒的に多いため空港職員の認知度が高いからです。

電子ビザOKの国

Albania, Andorra, Angola, Anguilla, Antigua & Barbuda, Argentina, Armenia, Aruba, Australia, Austria, Azerbaijan, Bahamas, Barbados, Belgium, Belize, Bolivia, Bosnia & Herzegovina, Botswana, Brazil, Brunei, Bulgaria, Burundi, Cambodia, Cameron Union Republic, Canada, Cape Verde, Cayman Island, Chile, China, China- SAR Hongkong, China- SAR Macau, Colombia, Comoros, Cook Islands, Costa Rica, Cote d’lvoire, Croatia, Cuba, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Djibouti, Dominica, Dominican Republic, East Timor, Ecuador, El Salvador, Eritrea, Estonia, Fiji, Finland, France, Gabon, Gambia, Georgia, Germany, Ghana, Greece, Grenada, Guatemala, Guinea, Guyana, Haiti, Honduras, Hungary, Iceland, Indonesia, Ireland, Israel, Italy, Jamaica, Japan, Jordan, Kenya, Kiribati, Laos, Latvia, Lesotho, Liberia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Madagascar, Malawi, Malaysia, Mali, Malta, Marshall Islands, Mauritius, Mexico, Micronesia, Moldova, Monaco, Mongolia, Montenegro, Montserrat, Mozambique, Myanmar, Namibia, Nauru, Netherlands, New Zealand, Nicaragua, Niger Republic, Niue Island, Norway, Oman, Palau, Palestine, Panama, Papua New Guinea, Paraguay, Peru, Philippines, Poland, Portugal , Republic of Korea, Republic of Macedonia, Romania, Russia, Rwanda, Saint Christopher and Nevis, Saint Lucia, Saint Vincent & the Grenadines, Samoa, San Marino, Senegal, Serbia, Seychelles, Sierra Leone, Singapore, Slovakia, Slovenia, Solomon Islands, South Africa, Spain, Sri Lanka, Suriname, Swaziland, Sweden, Switzerland, Taiwan, Tajikistan, Tanzania, Thailand, Tonga, Trinidad & Tobago, Turks & Caicos Island, Tuvalu, UAE, Uganda,Ukraine, United Kingdom, Uruguay, USA, Uzbekistan, Vanuatu, Vatican City-Holy See, Venezuela, Vietnam, Zambia and Zimbabwe

メニューへ戻る

電子ビザ(e-Visa)3種類:観光・商用・医療

No. 名称
目的
必要書類 金額
(2017年5月)
有効期限
1 電子ツーリストビザ
(e Tourist Visa、電子観光ビザ)
目的:観光
  1. パスポートの個人情報のページ
25USドル 入国から60日
(2回入国可)
2 電子ビジネスビザ
(e-Business Visa)
目的:商用
  1. パスポートの個人情報のページ
  2. Bisiness Card(名刺?)

詳細はこちら≫

25USドル 入国から60日
(2回入国可)
3 電子メディカルビザ
(e-Medical visa)
目的:治療
  1. パスポートの個人情報のページ
  2. インドの病院から正式に発行された招待状(見本)
 25USドル 入国から60日
(3回入国可)

今回AROUND INDIAは、1. 電子ツーリストビザ(e-Tourist visa)を申請します。

電子メディカルビザの申請については、2017年4月 アーユルヴェーダには「電子メディカルビザ e Medical VISA」を取得しようを参照してください。

インドビザ申請のタイミング

ビザ申請受付期間は、インド入国120日前〜4日前までです。
【例】9月1日に申請した場合、9月5日〜1月2日に入国可

原文:Applicants of the eligible countries/territories may apply online minimum 4 days in advance of the date of arrival with a window of 120 days. Example: If you are applying on 1st Sept then applicant can select arrival date from 5th Sept to 2nd Jan

e-VISAに便利なリンク

メニューへ戻る

e-Tourist VISA(電子ツーリストビザ)を申請しよう!2017年11月版

インド eTV 電子ビザ申請画面【使用環境】Mac+Google Chrome

さぁ、e-VISA申請ページを開きましょう!
このページは、取得できるまで何度も利用します。お気に入りに登録しておきましょう。
メニューバーの一番左、オレンジのe-VISA Application(e-VISAの申請)をクリックします。

インド eTV 電子ビザメニュー

1ページ:e-Visa Application 基本情報

インドビザ申請画面、種類の選択

  • Passport Type(お持ちのパスポートの種類)
    Ordinary Passport(一般パスポート:多くの方はこちら)、Diplomatic Passport(外交パスポート)、Official Passport(公用パスポート)、Service Passport(軍人パスポート)、Special Passport(特別パスポート)
    インドビザ申請画面、パスポートの種類
  • Nationality(国籍)
    日本国籍ならJAPAN
  • Port Of Arrival(インド入国時に利用する空港)
    リストにある空港/港以外から入国する方は、e-VISAは利用できません。
    インドビザ申請画面、入国空港の指定
  • Date of Birth(誕生日)
  • Email ID(メールアドレス)
    e-VISAの場合、このメールアドレス宛にビザが届きます。必ず正しいメールアドレスを登録しましょう。
  • Re-enter Email ID(再度メールアドレスを入力)
  • Expected Date of Arrival(インド入国予定日)
    ひとこと:5月22日と入力した場合、発行されたビザには 5月2日〜9月3日の期間に入国すればOKと書かれていました。
  • Visa Type(ビザの種類)
    観光の場合、e-TOURIST VISAを選択します。
    インド 電子ツーリストビザ 種類の選択
    ポップアップで、All the following activities are permitted, however select the primarily purpose from the following(主な訪問理由についてチェックを入れてください)と出るので、観光の場合、RECREATION/SIGHT-SEEINGにチェックを入れます。
    その他の選択肢は、MEETING FRIENDS/RELATIVES(知人を尋ねる)、SHORT TERM YOGA PROGRAMME(短期のヨガプログラムに参加する)です。
  • Please enter above text(数字やアルファベットを入力)
    判読が難しい場合は、緑矢印をクリックして、新しいコードを生成しましょう。
  • I have read the instructions ,I have all the required documents in scanned pdf format and photograph in jpg/jpeg format. Continue(説明を読みました。スキャンしたPDF書式の必要書類と、jpg/jpegの写真の用意ができています。続く)は、すでに✓が入っていると思います。
  • Continue(次へ)をクリック。

インド 電子ツーリストビザ 必要書類

Note: Following documents are required to be submitted
必要書類について書かれたポップアップが表示されます。確認してOKをクリック。

  1. Applicant’s recent colored photograph (dimentions 2in x 2in) size less than 1MB
    申請者の最近撮影された写真(寸法 2インチ × 2インチ。データサイズ 1MB未満のこと)
  2. Copy of Passport page containing personal particulars
    パスポートの個人情報記載ページのコピー

メニューへ戻る

2ページ:Applicant Details 申請者情報の登録

インド 電子ツーリストビザ 入国空港
Port of Arrival(到着空港、この場合MUMBAI AIRPORT)は正しいですか?

インドビザ申請画面、仮保存用ID

Data saved Successfully. Please note down the Temporary Application ID:〇〇
データを保存しました。一時保存用のIDを書き留めておいてください。
赤字のIDを、どこかに記録しておきましょう!途中で保存する場合に利用する重要な情報です。
インドビザ申請画面、申請者について

  • Surname(パスポートに記載の苗字
  • Given Name/s(パスポートに記載の名前
  • Have you ever changed your name? If yes, click the box and give details.
    (名前を変更したことがありますか?はいの場合、チェックボックスをクリックしてください)
    旧姓名(以前の苗字と名前の両方)を入力する欄が表示されるので、それぞれ入力します。
  • Sex(性別)
    Male(男性)、Female(女性)、Transgender(トランスジェンダー)
  • Town/City of birth(生まれた町)
  • Country of birth(生まれた国)
  • Citizenship/National Id No.(市民/国民番号)
    NAと入力します。今後マイナンバーなどの入力が必要になるかもしれませんね。
  • Religion(宗教)
    BAHAI(バハイ教)、BUDDHISM(仏教)、CHRISTIAN(キリスト教)、HINDU(ヒンドゥー教)、ISLAM(イスラム教)、JAINISM(ジャイナ教)、JUDAISM(ユダヤ教)、OTHERS(その他)、PARSI(パルシー教)、SIKH(シク教)、ZOROASTRIAN(ゾロアスター教)
    その他の宗教の場合、下段に入力します。
  • Visible identification marks(外見の特徴)
    緊急時の本人確認のため、額の傷や目立つホクロ、ペースメーカー使用など。特に目立った特徴が無ければNAと入力します。
  • Educational Qualification(最終学歴)
    BELOW MATRICULATION(中学生)、GRADUATE(大学卒業)、HIGHER SECONDARY(高校・専門・短大卒業)、ILLITERATE(無教育・読み書きが困難)、MATRICULATION(中学校卒業)、NA BEING MINOR(小学生以下・未就学児)、OTHERS(その他)、POST GRADUATE(大学院卒業)、PROFESSIONAL(博士号)
  • Nationality(国籍)
    申請画面1ページ目で入力した国籍が、自動で入力されるので変更できません。
  • Did you acquire Nationality by birth or by naturalization?(国籍を変更したことがありますか?)
    BY BIRTH(生まれたときから同じ国籍)、Naturalization(帰化した)
  • Prev. Nationality(以前の国籍)
    上の質問で、「帰化した」を選択した場合にのみ選択できます。
  • Have you lived for at least two years in the country where you are appliying visa?(ビザを申請手続きを行っているその国に、2年間以上住んでいますか?)
    例えば、日本にお住まいの方の場合、日本に2年以上住んでいますか?

Passport Details パスポート情報の登録

インドビザ申請画面、パスポートについて

  • Passport No.(パスポート番号)
  • Place of Issue(発行した場所)
    AROUND INDIAの場合、KANAGAWAと入力しています。
  • Date of Issue(発行日)
  • Date of Expiry(有効期限)
  • Any other valid Passport/Identity Certificate held?(他にも有効なパスポートを持っていますか?)
    Yes(はい)、No(いいえ)から選択。Yesの方のみ、下の項目にも入力します。
  • Country of Issue(発行した国)
  • Passport/IC No.(パスポート番号)
  • Date of Issue(発行日)
  • Place of Issue(発行した土地)
  • Nationality mentioned therein(そこに書かれている国籍)

メニューへ戻る

保存時のエラーに注意!

インドビザ申請画面、保存

Save and Continue(保存して続ける)/Save and exit Temporary(保存して終了)とボタンが2つ並んでいます。

よくあるエラー

Save and Continue(保存して続ける)をクリックしたにも関わらず、トップ画面に戻ってしまうことがあります。
その場合、保存用IDを入力しようにも、これまで入力した情報が消えてしまっていて、一からやり直しという悲しいエラーもあります。

途中まで入力したデータを失わないために、ご面倒でも一度Save and exit Temporary(保存して終了)を選択して、再度入り直すとデータが消えることなく確実に保存することができます。

これまでこの方法で問題ありませんでしたが、今回Save and Temporarily Exitで退出したら、再開時Data retrieved Successfullyと表示されているものの、情報はすべて消えていました 😥

途中保存からの再開方法

インド eTV 電子ビザメニュー
e-VisaV申請トップページのメニューバー、左から2番目のComplete Partially Filled Form(作業中のフォームを完成させる)をクリックします。

インド電子ビザ 再開画面

  • Temporary Application ID(一時保存用のID)
  • Please enter above text(上記の文字を入力)
    表示されている数字やアルファベットを入力します。判読が難しい場合は、緑矢印をクリックして、新しいコードを生成しましょう。

Complete Partially Filled(申請書を完成させる)をクリック。

前回入力した画面が表示されます。
抜けている項目がないか、間違いがないかもう一度チェックし、Save and Continue(保存して続ける)をクリックして、次のページへ進みます。

3ページ:Applicant’s Address Details 申請者の住所について

インド電子ビザ 申請画面 保存用ID

赤字で書かれているのは保存用ID。これまでと同じです。

インド電子ビザ 申請画面、申請者の住所

Present Address(現住所)

  • House No./Street(住所)
  • Village/Town/City(市町村)
  • State/Province/District(都道府県)
  • Postal/Zip Code(郵便番号)
  • Country(国名)
  • Phone No.(電話番号)
  • Mobile No.(携帯電話番号)
  • Email Address(メールアドレス)
    1ページ目で入力したメールアドレスが自動表示されています。ここで変更することはできません。
  • Click Here for Same Address(現住所と本籍が同じ場合、チェックを入れる)
    クリックすると、下に現住所がコピーされます。

Permanent Address(本籍)

  • House No./Street(住所)
  • Village/Town/City(市町村)
  • State/Province/District(都道府県)

メニューへ戻る

Family Details 家族について

インド電子ビザ 申請画面、家族について

Father’s Details(父親について)

  • Name(氏名)
  • Nationality(国籍)
  • Previous Nationality(国籍に変更がある場合、以前の国籍)
  • Place of Birth(生まれた場所)
  • Country of Birth(生まれた国)

Mather’s Details(母親について)

  • Name(氏名)
  • Nationality(国籍)
  • Previous Nationality(国籍に変更がある場合、以前の国籍)
  • Place of Birth(生まれた場所)
  • Country of Birth(生まれた国)

申請者の婚姻状況

  • Applicant’s Marital Status(婚姻状態、結婚していますか?)
    Married(既婚)/Single(独身)

既婚の場合、Spouse’s Details(配偶者情報)を登録

  • Name(氏名)
  • Nationality(国籍)
  • Previous Nationality(国籍に変更がある場合、以前の国籍)
  • Place of Birth(生まれた場所)
  • Country of Birth(生まれた国)

祖父母について

  • Were your Grandfather/ Grandmother (paternal/maternal) Pakistan Nationals or Belong to Pakistan held area.(父方母方の祖父母に、パキスタン国籍の人がいますか?もしくは、パキスタン領にいたことがありますか?)
    Yes(はい)、No(いいえ)から選択します。
  • If Yes, give details(はいの場合、詳細を書きます。)

メニューへ戻る

Profession / Occupation Details of Applicant 申請者の職業について

インド電子ビザ 申請画面、職業について

  • Present Occupation(現在の職業)
    下記の選択肢に該当するものが無い場合、空欄に入力する。
    AIR FORCE(空軍)、BUSINESS PERSON(会社経営者)、CAMERA MAN(カメラマン)、CHARITY / SOCIAL WORKER(社会福祉士)、CHARTERED ACCOUNTANT(公認会計士)、COLLEGE / UNIVERSITY TEACHER(大学教員)、DIPLOMAT(外交官)、DOCTOR(医者)、ENGINEER(技師)、FILM PRODUCER(映画製作)、GOVERNMENT SERVICE(公務員)、HOUSEWIFE(主婦)、JOURNALIST(ジャーナリスト)、LABOUR(肉体労働者)、LAWYER(弁護士)、MEDIA(メディア関係者)、MILITARY(陸軍)、MISSIONARY(宣教師)、NAVY(海軍)、NEWS BROADCASTER(ニュースキャスター)、OFFICIAL(公務)、OTHERS(その他)、POLICE(警察)、PRESS(報道関係)、PRIVATE SERVICE(自営業)、PUBLISHER(出版社)、REPORTER(リポーター)、RESEARCHER(調査員)、RETIRED(退職者)SEA MAN(船乗り)、SELF EMPLOYED / FREELANCER(自営業/フリーランス)STUDENT(学生)、TRADER(トレーダー)、TV PRODUCER(テレビプロデューサー)、UN-ENPLOYED(無職)、UN-OFFICIAL(非公務)、WORKER(会社員)、WRITER(作家/ライター)
  • Employer Name/business(雇い先の名称/会社名・屋号)
    必ず入力します。
  • Designation(役職)
    職務内容を記載。任意となっていますが、必ず記入してください。
  • Address(会社住所)
  • Phone(電話番号)
    任意となっていますが、必ず記入してください。
  • Past Occupation, if any(あれば、前職も記入)
  • Are/were you in a Military/Semi-Military/Police/Security. Organization?(軍や警察関係組織に属していますか/いましたか?)
    Yes(はい)、No(いいえ)から選択します。

保存は、お手間でも一度、Save and Temporarily Exit(保存して終了)を選択します。
理由をお忘れですか?再度、保存上の注意をご確認くださいね。

再開は、トップのComplete Partially Filled Form(作業中のフォームを完成させる)をクリックします。入力項目を再度確認しながら、Save and Continueをクリックして新しいページまで進めましょう。

メニューへ戻る

4ページ:Details of Visa Sought 申請するビザについて

インド 電子ツーリストビザ DETAILS OF VISA SOUGHT

  • Type of visa(ビザの種類)
    e-Visa、変更できません。
  • Visa Service(ビザ発給業務)
    今回の場合、1ページ目で選択したeTOURIST(電子ツーリストビザ)と記載されています。変更できません。
  • Places likely to be visited(訪問予定の場所)
    インド国内の訪問予定地を入力します。
    ※If you intend to visit Protected/Restricted/Cantonment areas, you would require prior permission from the Civil Authority. Please visit this website(保護区/制限エリアへ行く場合、Civil Authorityの許可が必要です。詳細はこちら≫
  • Places to be visited line 2(訪問予定の場所2)
    上の段に書ききれなかったら、こちらに残りのインド国内の訪問予定地を入力します。
  • Duration of Visa(ビザの有効期限)
    60 Days(60日)、変更できません。
  • No. of Entries(入国できる回数)
    Double(2回)、変更できません。
  • Port of Arrival in India(インド入国時に利用する空港)
    今回の場合、MUMBAI AIRPORT。変更できません。
  • Expected Port of Exit from India(出国時に利用予定の空港)
    予定している空港名を選択します。

メニューへ戻る

Previous Visa/Currently valid Visa Details 前回取得したビザについて

インド電子ビザ 申請画面、前回のビザ

  • Have you ever visited India before?(これまでインドを訪問したことがありますか?)
    Yes(はい)、No(いいえ)から選択します。
  • Address(滞在した住所)
  • Cities previously visited in India(訪問した都市名)
  • Last Indian Visa No/Currently valid Indian Visa No.(前回取得したビザの番号)
    注意① ビザ番号の表記にご注意ください!数字の前の2文字のアルファベットも必ず入力してください。
    特に下の写真のVJはフォントが違うので見落としがちです。
    インドビザ番号 旧ビザ

    数字の前の「AP」を忘れずに!

    インドビザ番号

    数字の前の「VJ」を忘れずに!

    注意② 2017年11月15日にインド大使館に確認したところ、ここで記載する前回のビザに電子ビザやアライバルビザは含まれないとのこと。パスポートにビザが貼られている通常ビザのみだそうです。実際前々回のビザについて書いて申請したところ、無事交付されました。

  • Type of Visa(ビザの種類)
  • Place of Issue(発給地)
    国名ではなく土地名です。日本の場合TOKYO もしくは OSAKA。
  • Date of Issue(発給日)
  • Has permission to visit or to extend stay in India previously been refused?(インド入国/滞在の延長を拒否されたことがありますか?)
    Yes(はい)、No(いいえ)から選択します。
  • If so, when and by whom (Mention Control No. and date also)
    上の質問でYesの場合、こちらに拒否された時期、担当者、管理No等を入力します。

メニューへ戻る

Other Information その他の情報

インド電子ビザ 申請画面、その他

  • Countries Visited in Last 10 years(この10年間で訪れた国の名前)
    コンマで区切ります。

SAARC Country Visit 南アジア地域協力連合国への滞在について

インド電子ビザ 申請画面、saarc

  • Have you visited SAARC countries (except your own country) during last 3 years?(この3年間に、南アジア地域協力連合国に渡航しましたか?)
    南アジア地域協力連合国・・・インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、アフガニスタン

メニューへ戻る

Reference 連絡先

インド電子ビザ 申請画面、参照

  • Reference Name in India(インドでの連絡先・名前)
  • Address(インドでの滞在先・住所)
  • Phone(インドでの滞在先・電話番号)
  • Reference Name in JAPAN(日本の連絡先・名前)
  • Address(日本の連絡先・住所)
  • Phone(日本の連絡先・電話番号)

保存は、お手間でも一度、Save and Temporarily Exit(保存して終了)を選択します。
理由をお忘れですか?再度、保存上の注意をご確認くださいね。再開は、トップのComplete Partially Filled Form(作業中のフォームを完成させる)をクリックします。入力項目を再度確認しながら、Save and Continueをクリックしてページを進めましょう。

メニューへ戻る

5ページ:Upload Photograph 写真のアップロード

写真の準備

インドビザ申請に必要な写真とは?
  • カラー写真
  • フォーマット:JPEG
  • データサイズ:10KB〜1MB
  • サイズ:350px ×350px 以上、縦横同じ長さの正方形であること
  • 鮮明でボケていないこと
  • 頭部全体がきちんと写っていること(頭頂〜顎先まで)
  • 正面を向いていること
  • メガネは外し、目をきちんと開けていること
  • 背景は無地で明るい色/もしくは白であること→必ず白背景にしましょう!
  • 顔や背景に影がないこと
  • 縁取りがないこと
  • 宗教上の理由を除き、被り物不可。その場合でも顔の特徴がはっきり見えていること
  • 自然な表情であること
  • パスポートの写真を切り抜いたものは不可

写真で気をつけなくてはならないポイントは、背景の色。
最近の多くの証明写真機は、青やピンクが主流なのですが、背景は必ず白にしてください

フジカラーの証明写真機は、白を選択することができます。
電子ビザの場合、アップロードのみで印刷する必要がないので、データでもらうのもおすすめです。6ヶ月間何度でもダウンロードできます。

お近くのフジカラーの証明写真機を検索!

写真屋さんで白背景で撮影してもらうのも安心です。

写真は後からアップロードすることもできます

Temporary Application Id(仮ID):-◯◯◯◯◯◯◯◯◯
Kindly ensure that the photo is as per specifications mentioned below.
In case you are not ready for photo upload you can do it later, Please note down the Temporary Application Id, close the window and Press Save and Exit .
You can complete your application later using Complete Partially Filled Form option on home page.

写真が準備できていない場合、後でアップロードすることもできます。
上記の仮IDを書き留めてExit(終了)をクリックして終了します。
再開時は、トップのComplete Partially Filled Form(作業中のフォームを完成させる)をクリックします。

写真をアップロードしましょう!

インドビザ申請画面、写真のアップロード

Photo Specifications 写真の要件

改めて写真の要件について書かれています。先ほどの要件を満たしていれば大丈夫です。

  • Format – JPEG
    JPEGフォーマットであること
  • Size – Minimum 10 KB , Maximum 1 MB
    10KBから1MBサイズ
  • The minimum dimensions are 350 pixels (width) x 350 pixels (height).
    350 px 角以上
  • Recent front facing photograph with white background to be uploaded by the applicant.
    最近の写真。正面を向き、背景は白。申請者がアップロードしたものであること。
  • Do not crop the Passport Image to use it as your recent photograph. Upload clear front facing photograph with preferable white/light coloured background.
    パスポートの写真を切り抜いたものは不可。正面を向き、背景が白/明るい色の鮮明な写真であること。
    ポイント!一つ前では背景は白であることと明記されていて、ここでは明るい色と追記されています。日本でよくある青背景で却下されたことがあるので、白を選ぶと確実です。
  • The application is liable to be rejected if the uploaded photograph are not clear and as per specification.
    要件を満たさないまたは不鮮明な写真では、申請を却下します。

メニューへ戻る

写真を選択してアップロード

写真が用意できたら、「ファイルを選択」をクリックし、用意した写真を選択します。Upload Photo(写真をアップロード)をクリックするとアップロードされます。

アップロードエラーの場合

インドビザ写真アップロード時のエラーメッセージ

エラーになったら、もう一度写真の要件を確認してみましょう。

写真サイズの調整

問題なくアップロードされると、切り抜き画面が表示されます。
写真の中央に顔の正面がくるように調整してCrop and Save(切り抜いて保存)をクリックします。

他の写真またはサイズに変更する

インドビザ申請画面、写真の保存

写真の設定をやり直したい場合は、Upload Image Again(再アップロード)をクリックしてやり直します。

写真を保存する

ここでは保存エラーは起こりづらいですが、念のため、Save and Temporarily Exit(保存して終了)を選択します。
理由をお忘れですか?再度、保存上の注意をご確認くださいね。再開時は、トップのComplete Partially Filled Form(作業中のフォームを完成させる)をクリックします。

メニューへ戻る

6ページ:Document Upload 書類のアップロード

インド 電子ツーリストビザ 書類のアップロード

Document description 書類の説明

eTourist Visa(電子ツーリストビザ)申請に必要な書類は1つ。

  1. Copy of Passport page containing personal pariculars(パスポートの個人情報のページのコピー)
 ファイルを選択し、Upload Document(書類をアップロード)をクリックします。
アップロードできない場合、書類の要件を確認してみましょう。

書類の要件

  • All documents uploaded by the applicant including business cards,invitation letters etc. must be in English language, failing which e-Visa application would be liable for rejection.
    書類(名刺、招待状等)が必要な場合、必ず英文表記であること。英文でない場合却下します。
  • フォーマット PDF
  • データサイズ 10KB〜300KB
  •  パスポートは、名前、誕生日、国籍、有効期限などが記載されたページ。パスポート情報に記載した内容と相違ないこと。
  • 印刷が明瞭なこと
  • 要件を満たしていない、または、不鮮明な場合は申請を却下します。

アップロードした書類が、要件を満たしていることを再度確認し、Confirm(確認)をクリックします。

Confirm Details 最終確認

インドビザ申請画面、完了画面

The applicant is requested to verify the particulars filled in the application Form. The applicant may face legal action (including refusal to enter India or deportation) in case of provision of wrong information.

Please verify your Registration Details. If all details are correct please Press “Verified and Continue”. For any corrections press “Modify/Edit”

Please note down the Temporary Application ID: ◯◯◯◯◯◯◯◯

ここでは、これまで記入した内容に間違いがないかを聞かれています。
間違いがあると入国できなくても文句は言えないので、きちんと確認しましょう

修正する場合、画面最下部のModify(修正)をクリック。
間違いなければ、Verify and Continue(間違いありません)をクリック。

インド 電子ツーリストビザ ビザ料金と新しいIDEALLYの表示ポップアップ

ポップアップで、Please note down the generated Application ID: “〇〇〇〇〇〇〇〇”.The e-Visa fee is :25.0 USD、IDとビザ料金が表示されます。新しいIDを記録しておきましょう。

メニューへ戻る

7ページ:Online VISA Fee Payment オンラインビザ料金の支払い

e-Visaは、料金の支払い完了後に審査に入ります
クレジットカードを用意して、支払いに進みましょう。

eVisaの料金

2017年4月時点、日本国籍の場合25USドルです。
以前は、75ドルや60ドルだったので、ぐっと値下がりしました。ありがたいですね。

支払い前に承認

インドビザ申請画面、料金の支払いについてこちらのページには、いろいろと注意が書かれています。

On pressing “Pay Now”,the application will be redirected to Payment Gateway to pay the visa fee and will be outside the control of Visa Online Application. The responsibility of security of transaction process and details on payment page will be of Payment gateway. Bank Payment Gateway accepts both OTP (One Time Password) and non-OTP transactions.
In case of any issue, please contact your Bank. Application ID will be blocked after three failed attempts of payment, in such case applicant has to apply again. On pressing “Pay Later”, you can pay the visa fee later using your Application ID and date of birth.
Please note that your application for e-Visa will not be submitted without fee payment. It should be done prior to 4 days of Journey date.

Disclaimer

All travelers seeking admission to India under the e-Visa (e-Visa) scheme are required to carry printout of the Electronic Travel Authorization (ETA) sent through email by Bureau of Immigration.
If your e-Visa application is approved, it establishes that you are admissible to enter India under the e-Visa scheme of the Government of India. Upon arrival in India, records would be examined by the Immigration Officer.
Biometric Details (Photograph & Fingerprints) of the applicant shall be mandatorily captured upon arrival into India. Non-compliance to do so would lead to denial of entry into India. A determination that you are not eligible for e-Visa does not preclude you from applying for a regular Visa in Indian Mission. All information provided by you, or on your behalf by a designated third party, must be true and correct.
An Electronic Travel Authorization (ETA) may be revoked at any time and for any reasons whatsoever. You may be subject to legal action, if you make materially false, fictitious, or fraudulent statement or representation in an Electronic Travel Authorization (ETA) application submitted by you. The transaction cannot be cancelled or amended once the fee has been paid.

Undertaking

I, the applicant, hereby certify that I have read and understood all the statements/questions in this application. The answers and information furnished in this application are true and correct to the best of my knowledge and belief. I understand that the Visa fee once paid is non-refundable irrespective of the outcome of my application and doesn’t in any way guarantee issuance of e-Visa by the Government of India. I agree that I cannot cancel or amend this transaction.

例えば、支払いのためには別サイトに移動することや、支払いに3回失敗すると申請書の作り直しになる、Pay Later(後で支払う)こともできる、最低でもインド入国の4日前に支払うこと、メールで送られてくるビザをインド入国時に持参する、登録した項目に間違いがないなどです。

各自きちんと理解して承認する必要があるため、Google翻訳などで内容をご確認の上、Yes(はい)をクリックしてくださいね。

Please note down the Application ID : 〇〇〇〇〇〇  which will be required for Status Enquiry, e-Visa Printing and Payment of visa processing fee.

先程ポップアップで表示されたIDを書き留めましたか?お忘れでしたら、このApplication ID:を書き留めておきましょう。申請状況の確認、ビザの印刷、料金の支払いなどに必要です。

インドビザ申請画面、支払い方法の選択

ここでは、Pay Now(このまま支払う)で、支払画面へ進みます。
Sbi e-payを選択しましょう。

インド 電子ツーリストビザ クレジットカード払いについての注意

Visaカードの支払いに最長2時間かかるというポップアップが出ました。

Sbi ePay 支払いページ

インドビザ申請画面、支払い画面

クレジットカードで支払うには、左タブの、Debit Card(デビットカード)、Credit Cart(クレジットカード)、PAYPAL(ペイパル)から、クレジットカードを選択し、必要な情報を登録します。

Bank Nameは、クレジットカード裏に記載されている英語表記の発行会社名を記入すると良いでしょう。

入力したらProceed(進む)をクリック。

VISAで支払う場合、別ページへリダイレクトされます。ここで求められるパスワードは、カードの暗証番号ではなく、Vpassにログインするときに使うパスワードです。

Payment Success 支払いの完了

インドビザ申請画面、支払いの完了

支払いが完了すると、表示されるメッセージです。2時間かかるかもというポップアップがありましたが、即時支払が完了しました。

同じ文面のメールが、noreply-vss@nic.in から送られてきているはずです。確認しましょう。
「件名:Status regarding e-Visa application id :〇〇〇〇〇〇〇〇」

View Application Formをクリックして、申請書類を印刷または保存しておきましょう。
この内容で申請が通った場合、保存しておくと次回の参考資料になるからです。

ここまでで申請は終了です。お疲れさまでした!!
電子ビザ発行まで、およそ72時間。メールを待ちましょう。

メールで届く電子ビザ INDIAN e-VISA

インド 電子ツーリストビザ 交付メール

17時間で発行されました!
ビザの許可は、Application Status :- Granted と記載されていればOK。

入国予定日は、11月27日と申告しましたが、11月16日(申告日)〜3月16日(4ヶ月後)までに入国すればOKとのこと。

電子ビザ(eVISA)の有効期限は、入国日から60日です。ツーリストビザの場合、60日間の間に2回入国可能です。

Visa Status Enquiry ビザの状況をチェックする

念のため、オンラインでもGrantedとなっているか確認してくださいとのこと。
https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.htmlにアクセスしましょう。

インド eTV 電子ビザメニュー

青のVisa Status(ビザの状況)をクリック。

インドビザ申請画面、ビザ状況の確認

  • Application Id(ID)IDを入力
  • Passport No(パスポート番号)
  • Please enter above text(上記の文字を入力)

Check Status(状況の確認)をクリック。
メールの文面と同じものが表示されます。Application Status :- Granted部分を確認します。

Advanced search for e-Visa only(e-Visaの高度な検索)をクリックしても、表示される結果は同じでした。

Print Status(状況を印刷)をクリックすると、印刷用の顔写真・バーコード・QRコードなどが記載されたビザ・ETAが表示されます。これをプリントアウトして、インド入国時に係官に提出しましょう。

インド 電子ツーリストビザ 印刷見本

インド 電子ツーリストビザ 印刷見本

 

メニューへ戻る

インド現地空港での入国審査

デリー・インディラ・ガンジー空港の場合

デリー空港で入国審査を受ける際、ビザの種類に応じて向かう窓口が異なります。

  • 通常ビザ
    一番目のブロック。Foreign Passport Holdersの列へ。
  • 電子ビザ e-Visa
    二番目のブロック。ガラリとしたカウンターが並ぶところ。
  • アライバルビザ Visa on Arrival
    三番目のブロック。突き当りのガラスの部屋の中。

デリー空港の入国審査窓口、電子ビザの窓口

e-VISAのカウンター数は多いものの、ほとんど利用者がいませんでした。アライバルビザは皆無。
支払いも済ませてあるので、印刷して持参したメールを見せるだけでスムーズに発行、入国できました。
写真奥、人がたくさんいるのが通常ビザのレーン。圧倒的に利用者が多く、同じタイミングで並び始めても、e-VISAの方が格段に早く済みました。電子ビザおすすめです。

コーチン・インターナショナル空港の場合

インドの電子ビザ コーチン空港のe Visaカウンター

コーチン空港の電子ビザ e-Visaのカウンターは、通常のカウンターの左の方。
ガラスで囲われ、ソファーが並んでいるところです。

インドの電子ビザ コーチン空港のe Visaカウンター

誰もおらず、近くの職員に声をかけると「カウンターに座って待って」るように言われ、待つこと30分。小さな空港なので、このビザを利用する人がほとんどいないようでした。

入国審査が終わると、インド携帯キャリアBSNLのカウンターがあり、電子ビザ利用者への特典で無料でSIMをプレゼントしてくれました。インドは州によってローミングが必要なのですが、このSIMは全土で使えるローミングフリータイプでありがたかったです。

インドビザのポイント

通常のビザより手軽なe-VISA!24時間かからないという発行スピードがうれしいですね。
以前は有効期限が30日でしたが60日に延び、ビジネスや医療にも使え、入国回数もツーリストとビジネスは入国回数2回、メディカルビザは3回と充分!使い勝手のいいビザになりました。

でも…これからも突然変更される可能性は充分にあります。
AROUND INDIAはわかる範囲で更新していきますが、ビザに関するご質問や操作上の不明点等については、インド大使館(東京 ℡03-3262-2391)/インド総領事館(大阪 ℡06-6261-7299)にお問い合わせください。

自分で申請するのがご不安な方へ

自分で申請するのがご不安な方は、旅行会社やビザ申請代行業者に手続きの代行を依頼することができます。
インド ビザ 申請 代行 検索結果

メニューへ戻る

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+