「パンチャカルマ講座」インドでアーユルヴェーダを受ける前準備

インドでアーユルヴェーダを受ける前に覚えておきたいこと

パンチャカルマというアーユルヴェーダの浄化療法は、根っこの原因にまでアプローチすることができる唯一の方法だと言われています。

長い期間をかけて積もった汚れや、長引く不調。
その深い根っこまでアプローチしながら、心や体へかける負担を少なくするために、パンチャカルマには時間がかかります。

AROUND INDIAがパンチャカルマを受けているPVA Ayurvedic Hospitalでは、最短で21日です。生理期間や風邪をひいたりすると中断になるため、女性の場合30日は取りたいです。

診察や語学に対する不安がある方に

パンチャカルマの始まりに避けては通れないのが、医師による診察/診断です。
トリートメントと薬の内容が決まる重要な儀式です。

患者さんとなるあなたからは、辛い点/治したい部分をきちんと伝える必要があります。
医師は、診察に必要な情報を尋ねてきます。相互のコミュニケーションが欠かせません。

「何を聞かれるかわからない」
「何を伝えたらいいのかわからない」

診察で聞かれやすいポイント、伝えるのがおすすめのポイントなど、あなたの状態に合わせたパンチャカルマノート作りのお手伝いをします。

外国人だけでなく、インド人でもはじめてのパンチャカルマのときは、ちょっと緊張気味。
何が起こるのか、この変化は正しいのか?そんな不安を少しでも減らすためにも、ある程度の知識をもって受けるのがおすすめです。

パンチャカルマ講座では、インド政府認定パンチャカルマセラピストになるために得た知識と、2回のパンチャカルマ経験などから、パンチャカルマの基本/治療の流れや変化/注意点/よく出てくる専門用語/施設選びのコツ/問診の準備方法などをお伝えします。

長いお休みを取ってインドで受けるパンチャカルマ。
準備をしてから出かけませんか?

こんな方におすすめです

  • インドでアーユルヴェーダを受けたい
  • パンチャカルマがよくわからない
  • 現地の状況がわからなくて不安
  • 施設の選び方がよくわからない
  • 語学力が不安
  • すぐにインドに行く気はないけど、パンチャカルマに興味がある
  • ヨガをやっていて、インドへ行きたいと思っている
  • デトックスや自然療法に興味がある
  • アーユルヴェーダについてもっと知りたい

pancha_02

講座の内容

  • パンチャカルマとは?(目的/流れ/方法/注意点/持ち物)
  • 現地施設の選びのヒント(病院とリゾートの違い/注意点)
  • アーユルヴェーダの問診法と想定される質問
  • パンチャカルマに役立つ専門用語
  • 日本出発前にできる準備
  • 個人相談(ご自由にご質問ください)

講座料金

受講料 2時間 15,000
パンチャカルマノート付き

お問い合わせ

それぞれのパンチャカルマタイミングに合わせたプライベートクラス。
グループレッスンも承ります。

アーユルヴェーダスクールやインドについてのご相談は、個人相談のみもご用意しています。お気軽にお問合せください。

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+